世界初の3-D映画祭 11月にシンガポールで開催 | アニメ!アニメ!

世界初の3-D映画祭 11月にシンガポールで開催

ニュース テクノロジー

 シンガポール政府は、世界初の国際的な3‐D映画の映画祭3DX(3‐D映画&エンタテイメントテクノロジーフェスティバル)を今年11月19日から23日まで開催する。
 3DXは、シンガポールメディア開発庁(The Media Development Authority of Singapore (MDA))が主催し、シンガポール観光局が協力をする。このほかNBCユニバーサルアジア、スターTV、AXNネットワークアジアなどがスポンサーとなる。エグゼクティブプロデューサーには、3D Partners Ltd のジム・キャビン氏が務める。

 シンガポールメディア開発庁は、開催の理由をアジアのデジタルエンタテインメントの中心地であるシンガポールで企画を打ちたてることに意味があるとする。
 フェスティバルではベルギーの3‐Dアニメーション映画『FLY ME TO THE MOON』と米国では今年8月公開予定の3-D実写映画『地底探検:JOURNEY TO THE CENTER OF THE EARTH』の2作品の上映が決まっている。今後も上映作品は増える見込みである。
 また会期中には映画上映会のほか、3-D映画の関係者や監督、技術の開拓者を招いたフォーラム、ガライベントも行う。

 3-D映画は、2Dアニメーションに対する3DCGアニメーションと混同されがちだが、立体映像の映画を指している。最近では『ベオウルフ/呪われし勇者』などがある。近年、海外のSFやアニメーション映画の世界で新しい潮流として注目浴びている。
 『タイタニック』で知られるジェームス・キャメロン監督の次回作『アバター』は、全編3-D映画で制作など大作映画が増えている。また、ピクサーが3Dアニメーションの歴史的転換点となった『トイストーリー』シリーズを3-D映画で制作し直し、バイバル上映する予定もある。先頃、ハリウッドで実写化映画企画が明らかになった『攻殻機動隊』も、3‐D映画での制作を目指すと報道された。
 
 3‐D映画の導入は、テレビやDVDなど手軽に映画が観られる時代に、劇場に観客を呼び戻す大きな切り札と考えられており、次世代の映画のフォーマットとして注目が高い。また、クリエイター側も新しい技術への挑戦として積極的に取り組むケースが多い。
 今回は、その3‐D映画の将来性に、デジタルコンテンツ立国を目指すシンガポール政府がいち早く目をつけたようだ。

 シンガポールでは、12月10日から13日まで世界最大のコンピューターグラフィックイベントSIGGRAPHのアジア初大会を開催することが決まっている。年末に世界規模のコンピューター映像のイベントが相次いでシンガポールで開催される。
 3‐D映画の革新性、それにかけるシンガポール政府、デジタルコンテンツの未来を考えるうえで、様々な面から興味深いイベントになりそうだ。

3DX: 3‐D映画&エンタテイメントテクノロジーフェスティバル 公式サイト
(3D Film & Entertainment Technology Festival)
/http://www.3dxfestival.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集