「図書館戦争」DVDリリース決定 全巻に書き下ろし短編封入 | アニメ!アニメ!

「図書館戦争」DVDリリース決定 全巻に書き下ろし短編封入

ニュース アニメ

          (C)有川浩/アスキ-・メディアワークス/図書館戦争製作委員会
libreary.jpg
  フジテレビ系深夜アニメ枠ノイタミナの新作『図書館戦争』のDVDリリースが早くも決定した。全5巻で8月6日より毎月順次発売される。
 DVD全巻の初回限定版には原作者の有川浩さんによる書き下ろし短編と設定資料、インタビュー入りのブックレットが封入。キャラクターデザインの中村悟さんによる描下ろし外箱付きが付属する。このほか、特典映像にはキャストインタビュー、ノンテロップOP&ノンテロップED、プロモーション映像集などを収録予定している。

 また、9月発売の2巻にはWEBラジオCDが、10月発売の3巻にはテレビ未放映話「恋ノ障害」が収録される。原作ファン待望の小牧と毬江のエピソードである。
 『図書館戦争』はシリーズ累計72万部を突破した有川浩さんによるアクション・ラブ・コメディで、スピンアウト作品『別冊 図書館戦争I』も文芸部門売上げ1位(4/15トーハン調べ)を獲得するなど人気作品である。

 作品の舞台は、正化31年(2019年)と呼ばれる近未来日本のパラレルワールド。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる時代。
 念願の"図書隊員"として採用された笠原 郁は、卓越した運動能力と情熱が買われ、エリートによる精鋭部隊である"ライブラリー・タスクフォース(図書特殊部隊)"に配属されるところから物語は進んで行く。

 監督は『テニスの王子様』シリーズの浜名孝行監督。アニメ制作はプロダクション I.Gで『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ、『精霊の守り人』などの硬派なアニメを生み出してきた"I.G 9課"である。
 緻密な設定と圧倒的な映像美で描かれた緊迫感溢れる戦闘シーンはもちろん、図書館を舞台に繰り広げられる"王道ラブコメ"に挑む。
 DVD第1巻は8月6日に発売、第1話と第2話が収録される。以降毎月発売、3巻以降は各3話収録となる。

『図書館戦争』公式サイト  /http://www.toshokan-sensou.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集