劇場版『BLEACH』6月に全米300館で上映イベント | アニメ!アニメ!

劇場版『BLEACH』6月に全米300館で上映イベント

ニュース 海外

 米国で日本のマンガ・アニメのビジネスを展開するVIZメディアは、今年6月11日と12日の2日間、『劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY』の劇場上映を行う。配給はナショナル・シネメディアグループのNCM FATHOMが行い、劇場総数は300館を超える規模となる。
 『MEMORIES OF NOBODY』は日本では2006年12月に公開された、テレビアニメ『BLEACH』の劇場第1作である。

 『BLEACH』はマンガとアニメが既にVIZメディアにより、北米展開を行っている。現地ではアニメ、マンガとも高い人気を獲得しており、VIZメディアにとっては『NARUTO』や『デスノート』と並ぶ有力タイトルである。
 今回の上映会は作品の高い人気と好調なビジネス展開のなかで行われる新作映画のプロモーションの一環とみられる。

 『BLEACH』は今回の上映会が北米初リリースとなる。また、上映会では阿部記之監督やプロデューサーの萩野賢さん、キャラクターデザインの工藤昌史さんのインタビューも紹介される。
 通常の劇場公開というよりも、全国規模のファン向けイベントの色彩が強い。また映画は今後発売するDVDのプロモーションと考えていいだろう。

 VIZメディアは、昨年は劇場版『NARUTO』をやはり短期間に300館規模で集中上映している。また、VIZメディアのグループ会社であるVIZピクチャーズが、今回とほぼ同じ方法で今年5月に劇場実写版『デスノート』で同じ上映プロジェクトを行う。
 こうした短期間の集中上映は、同社の作品宣伝のためのフォーマットのひとつになりつつあるようだ。

BLEACH 公式サイト(米国) /http://bleach.viz.com/
VIZメディア /http://www.viz.com/

当サイトの関連記事
/実写「デスノート」全米300館で短期集中上映
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集