「どーもくん」世界101カ国販売 「おしん」の記録を圧倒 | アニメ!アニメ!

「どーもくん」世界101カ国販売 「おしん」の記録を圧倒

ニュース アニメ

 NHKは、NHKエンタープライズと国際メディアコーポレーション、TYO、ドワーフの4社が製作したテレビアニメーション『どーもくん』の海外販売が、2008年3月末で101カ国に達したことを明らかにした。
販売地域にはアメリカやイギリス、フランスなどが含まれており、イタリア、スペイン、シンガポール、マレーシアでは既に放映が始まっている。
 NHKのテレビ番組では、朝のテレビ小説『おしん』が世界各国で大きな人気を博し、大ヒット作として知られている。この『おしん』の放映は世界64カ国で、『どーもくん』は放映各国数でこれを大きく上回り、NHK番組としては空前の規模となる。

 番組は全13本(1本2話)からなる5分間のミニ番組で、どーもくんとその仲間たちが活躍する。制作はドワーフ、監督は合田経郎さんが担当している。
 『どーもくん』は、もともとはNHKを紹介する広報キャラクターとして登場した。しかし、独特でユーモアのあるデザインが受けて、数年前から世界のサブカルチャーシーンでカルト的な人気が広がっていた。
 昨年になってアニメの大手子供チャンネルが紹介したことをきっかけに、一般層にも人気が拡大している。

 NHKはこのテレビアニメーションシリーズの『どーもくん』を、「凱旋帰国」として、5月の大型連休に開催するイベント「渋谷DEどーも‘08」内で紹介する予定である。
 「渋谷DEどーも‘08」では、番組放映のほか、「どーもくんと背比べ」、「なりきりどーもくん」、「つみきDEどーもくん」などで『どーもくん』を紹介する。このほか「アニメの森」では、NHKのアニメキャラクターが集合し、「モリゾー・キッコロCGで遊ぼう!」ではCG体験が出来る。「渋谷DEどーも‘08」は5月3日から6日までの4日間、渋谷のNHKセンターで開催される。

「どーもくん」公式サイト /http://domomode.com/
「渋谷DEどーも‘08」 /http://www.nhk.or.jp/shibudo

当サイトの関連記事
/第2のキティ? 海外で人気を呼ぶNHKの「どーもくん」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集