『無限の住人』AT-Xでアニメ化決定 ロフトで記念イベントも | アニメ!アニメ!

『無限の住人』AT-Xでアニメ化決定 ロフトで記念イベントも

ニュース アニメ

                       (C)2008沙村広明・講談社/浅野道場復興会
mugen.jpg
 月刊アフタヌーンに連載中の人気マンガ『無限の住人』が、2008年夏にAT-Xでテレビアニメ化される。
 同作は沙村広明さんのデビュー作であり代表作の「ネオ時代劇」。従来の時代劇にはなかった人物設定や剣劇、表現方法の斬新さからこのように呼ばれる。

 『無限の住人』は、「勝つ事こそ剣の道」と断ずる逸刀流統主(いっとうりゅうとうしゅ)・天津影久(あのつかげひさ)に両親を惨殺された少女・凛は、身に血仙蟲(けっせんちゅう)を埋め込み不死身となった100人斬りの男・卍(まんじ)を助っ人とし、仇討ちの旅に出るというストーリー。
 原作では通常ペンで描くべきところを鉛筆描きで表現するなど、マンガという手法を越えた表現が駆使されている。アニメ制作にあたってはどのような演出が加えられるのか、ガンアクションを得意とする真下耕一監督の手腕に注目が集まる。また、AT-Xというチャンネルを選んだことで原作の持ち味でもある剣劇はどのように表現されるのか、興味深い。
  
 2008年4月27日(日)にはアニメ化記念イベント「浅野道場復興会歌舞伎町決起集会」が新宿ロフトプラスワンにて開催される。ここでは、原作の沙村広明さん、真下監督、シリーズ構成の川崎ヒロユキさんらが出席し、放送に先駆けたトークを繰り広げる。こちらのチケットは4月5日(土)10:00からローソンチケットで発売される。(料金:1500円、Lコード:33760)
 また、3月27日からの東京国際アニメフェアでは本作の先行プロモーション映像が上映される。

『無限の住人』 公式サイト /http://mugen.kc.kodansha.co.jp

【スタッフ】
原作: 沙村広明(講談社 月刊「アフタヌーン」連載)
監督: 真下耕一
シリーズ構成: 川崎ヒロユキ
キャラクターデザイン: 山下喜光
得物デザイン: 肥塚正史
色彩設計: 小島真喜子
美術監督: 海野よしみ
撮影監督: 五十嵐慎一/齋藤仁
音楽: 大谷幸
音楽制作: ポニーキャニオン
音響監督: なかの とおる
制作: BeeTrain

【キャスト】
万次: 関智一
凜: 佐藤利奈
天津影久: 野島裕史
凶戴斗: 中井和哉
黒衣鯖人: 江原正士
閑馬永空: 小西克幸
川上新夜: 浪川大輔
槇絵: 能登麻美子
百琳: 豊口めぐみ
偽一: 森川智之
尸良: 三木眞一郎
町: 坂本真綾
※注 黒衣鯖人の「鯖」は本来旧字                     
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集