「12人の優しい殺し屋」乙女系コンテンツで創作活動支援 | アニメ!アニメ!

「12人の優しい殺し屋」乙女系コンテンツで創作活動支援

ニュース 話題

 ポータルサイト「i-revo」は、携帯向けのオリジナルコンテンツ『12人の優しい殺し屋』と連動した創作活動支援サイトをオープンした。
 『12人の優しい殺し屋』はコナミが提供する、携帯を中心とした新しいタイプのコンテンツである。携帯から、長編小説、短編小説、オーディオドラマなど様々なかたちの物語が断片的に語られて行く。次々に加えられて行くこうした断片をつなぎ合わせることで、次第に物語が構築されて行く。

 『12人の優しい殺し屋』の創作活動支援サイトでは、物語の受け取り側が自らこうした断片を補完する新しい設定の提案、プロットの要望や投書、さらに自分でも短編やコミックを書いてみることが可能になっている。
 つまり、作品は創作活動のために与えられた素材で、いわば公認の二次創作、というより一次創作に自らが参加する全く新しい取り組みである。同人活動などで盛んなファンの創作活動を、作品のなかに取り込むユニークな試みとも言えそうだ。

 素材となる作品は、読者が思わず投稿したくなる豪華なクリエイターで構成されている。総合プロデュースは、ゲーム界のカリスマ小島秀夫を擁する小島プロダクション、キャラクターデザインは、アニメ作品も高い人気を呼んだ『学園ヘヴン』の氷栗優さんとなっている。
 サイトは無料の会員登録で利用出来るほか、コナミが運営する有料会員サービス「12人の優しい殺し屋」携帯向け公式サイトとも連動している。
 今後は有料会員登録をしているユーザーのみが閲覧でき、随時追加されるオフィシャルの画像素材の提供を受けられるなどのサービスが予定されている。

i-revo  /http://www.i-revo.jp/
i-revo 12人の優しい殺し屋特設ページ /http://12x.i-revo.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集