「ニコニコアニメチャンネル」4月2日スタート 新作アニメも配信 | アニメ!アニメ!

「ニコニコアニメチャンネル」4月2日スタート 新作アニメも配信

ニュース 話題

 ニコニコ動画は2008年4月2日からアニメを中心とした専門コンテンツ配信サービス「ニコニコアニメチャンネル」をスタートさせる。
 第1弾の新作アニメ『ペンギン娘 はぁと』は4月19日正午から配信する。原作はチャンピオンREDに連載中。主人公のオタク少女・南極さくらを中心とした学園ギャグマンガ。

 アニメは1話7分で全22話の予定。アニメ制作はピクチャーマジック。製作委員会には、ドワンゴ、文化放送、広告代理店で企画や版権管理を行う日本アドシステム(NAS)、フィギュアメーカーのグッドスマイルカンパニーといった企業が名を連ねる。
 また、いわゆる「MADビデオ」の制作について「公序良俗に反せず、他の権利者の権利も侵害しない形で」認めると発表した。

 第2弾は、2007年11月にニコニコ動画ほかで無料フル配信した『Candy boy』の新シリーズで、2008年5月2日からの配信を予定している。第3弾のタイトルは明かされていないが夏ごろ公開予定である。

 「ニコニコチャンネル」ではこのほか、アニメに関する様々なニュースやグッズの発売日情報を伝える「ニコアニニュース」を配信する。これは音声読み上げソフトによるもので、将来的にはアニメキャラクターが読み上げることも予定されている。
 このほか、美少女ゲームのプロモーションを行う「虹視聴覚室」、声優やタレントが出演する「ニコTV」「ニコラジオ」といったコンテンツを用意しており、イベントやオーディションも含めたアニメ総合コンテンツの窓口を目指す。

 ニコニコ動画は、先ごろ同サイトにおいて著作権を侵害した放送番組の投稿を削除すると在京テレビ局6社に申し入れを行った。また、音楽著作権に関してJASRACと協議中であるという。違法コンテンツを削除し、著作権的にクリアな状況が作られれば、現在560万人を誇る会員数や月間平均4時間近い同サイトの利用状況は、コンテンツホルダーにとって魅力的な媒体に生まれ変わる。
 今回「自前」でチャンネルを制作することは、ニコニコ動画にとって新たな配信コンテンツへの呼び水にもなる可能性も秘めている。

ニコニコ動画(SP1) /http://www.nicovideo.jp/
『ペンギン娘 はぁと』公式サイト /http://pen-musu.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集