(c)1997 ニ馬力・GND
layout ex.JPG
 スタジオジブリなどのアニメのレイアウト原画を一同に集めた大型展覧会「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。 スタジオジブリ・レイアウト展」が、この夏7月26日から9月28日まで東京都現代美術館で開催される。
 「ディズニー・アート展」や「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」などアニメーション美術を紹介する大型展覧会を行ってきた東京都現代美術館と日本テレビが、アニメーションの魅力を伝える企画として再びてがける。

 展覧会ではスタジオジブリと三鷹の森ジブリ美術館の全面協力のもと、『風の谷のナウシカ』から今夏公開『崖の上のポニョ』まで、宮崎駿監督の直筆レイアウトを中心に、高畑勲・宮崎駿両監督がスタジオジブリ以前に手掛けた作品も加え、一挙に約1000点ものレイアウトを日本で初めて公開する。

 レイアウトはアニメ制作の際に、背景とキャラクターの位置関係や動きの指示、カメラワークの有無、そのスピード、撮影処理などそのカットのなかで表現されるもの全てを指示するものである。
 レイアウトから、実際のアニメの動きにつながる原画や動画、またアニメの世界観を表す背景などが制作される。いわば、アニメ制作の設計図と言えるものである。

 現在では一般的になっているこうしたレイアウトのシステムは、1974年に高畑・宮崎両監督が『アルプスの少女ハイジ』の制作時に本格的に導入したシステムだともされている。今回の展覧会では、こうしたレイアウトの歴史を追うことも楽しみになりそうだ。
 またレイアウトは通常はアニメ制作工程で資料であるが、優れたアニメーターが絵を描くことからアートとしても鑑賞することも出来る。そうした点では、アニメの制作をあまり知らない子供から大人まで楽しめるだろう。

 東京都現代美術館でのジブリの展覧会は、昨年はアニメの背景というこれまであまり知られることのないアニメ美術を紹介した。
 今年はレイアウト美術の紹介と、通常のアニメ関連の展覧会と異なった独自の視点を導入する。三鷹の森ジブリ美術館の企画展も含めて、ジブリ美術館の展覧会は目が離せない。

 スタジオジブリの美術を紹介する展覧会は、毎回、多くの観客を集め人気が高くなるため、今回は日時指定の予約制が取られる。
 チケットは全国のローソンの店舗で購入出来る。三鷹の森ジブリ美術館のチケット購入と同様のシステムになる。

高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。 スタジオジブリ・レイアウト展
公式サイト http://www.ntv.co.jp/layout/

会期:  2008年7月26日(土)-9月28日(日)
会場: 東京都現代美術館 (江東区・木場公園内)
休館日:  月曜日 (但し、8/11・8/18・9/15・9/22は開館)
開館時間: 10時-18時
お問合せ: TEL:03-5245-4111(東京都現代美術館)
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
主催: 財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館/日本テレビ
後援: 読売新聞東京本社
企画制作協力: スタジオジブリ/三鷹の森ジブリ美術館
協力: TOKYO FM/ウォルト ディズニー スタジオ ホーム エンターテイメント 《animeanime》