ロシアのヤングアダルト専門アニメーション局 米国作品放映中止 | アニメ!アニメ!

ロシアのヤングアダルト専門アニメーション局 米国作品放映中止

ニュース 海外

 ロシアのモスクワ市とサンクトペテルスブルグ市で、ヤングアダルト向けのアニメーション専門チャンネルとして展開する2x2は、米国のアニメーション作品『ハッピー・ツリー・フレンズ』など2作品の放映を中止すると発表した。
 放映の中止はロシア当局より作品が暴力と残虐性を助長しているとの指摘を受けたためである。ロシア当局は、作品が子供の発育とモラル、精神に悪い影響を与えるとしている。
 『ハッピー・ツリー・フレンズ』は動物を主人公にしているが、毎回繰り広げられる悲惨なケガや死が売りになったナンセンスでシュールなギャクアニメーションである。

 2x2はロシアで、同国では珍しいヤングアダルト向けのアニメーション専門チャンネルとして、『ザ・シンプソンズ』や『サウスパーク』、『ロボットチキン』などの米国のギャグアニメーションを中心に放映している。
 こうした方針は視聴者から好評を博しており、2008年に放送地域を拡大すると発表している。現在のモスクワ市とサンクトペテルスブルグ市からロシア近郊の200万世帯が新たに加わる予定だったが、今回の放映中止はこうした好調ぶりに冷水を浴びたかたちとなった。

 今回の放映中止で気になるのは、今後の日本アニメへの影響だ。海外ではしばしば暴力的とされている日本アニメが、今後こうした指摘をロシア当局から指摘される可能もあるかもしれない。
 2x2はロシアで珍しい日本のテレビアニメも放映する放送局でもある。現在は『UFOロボ グレンダイザー』と『マッハGoGoGo』、それにGONZOの制作した『Trinity Blood』を放映している。さらに取り扱い作品には『トライガン』や『一騎当千』など日本アニメも数多い。
 特に同局は2007年より米国カートゥーンネットワークのアダルトスイムと提携し、ロシア版アダルトスイムを放映している。このため日本アニメの取り扱いが増える傾向にある。

 今回はヤングアダルト向けのアニメーション放送局が、子供のへの影響を理由に放映中止に追い込まれたかたちとなった。ロシアではまだ大人向けのアニメーションが確かな地位を築いていないことを感じさせる。
 そうしたなかでロシアでも人気が拡大しつつある日本アニメのヤングアダルト向け、大人向けといった作品カテゴリーが今後どのように評価されるか気になるところだ。

2x2(ロシア語) /http://www.2x2tv.ru/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集