CG版鉄腕アトム アトム役声優に子役スターのフレディ・ハイモア決定 | アニメ!アニメ!

CG版鉄腕アトム アトム役声優に子役スターのフレディ・ハイモア決定

ニュース 映画/ドラマ

astoroboy.jpg 2009年公開を目指しハリウッド版『鉄腕アトム』として制作されるフル3DCGアニメーション、『アストロボーイ』の声優に、子役スターとして数々の大作映画に出演するフレディ・ハイモアさんが決定した。
 フレディ・ハイモアさんは、2004年に『ピーターパン』を題材にとった『ネバーランド』(マーク・フォスター監督)のピーター役で名を上げた後、ティム・バートン監督の大ヒット映画『チャーリーとチョコレート工場』の主人公チャーリー役で再び世間の注目を浴びた。
 さらにリック・ベッソン監督の『アーサーとミニモイの不思議な国』でも主人公アーサーを演じるなど、16歳ながら既に大きなキャリアを築く有名子役スターである。

 今回は製作会社のイマージ・アニメーションを通じて、プロデューサーのメリーアン・ ガージェさんとデビット・ボワー監督が発表した。
 メリーアン・ ガージェさんは今回の配役について「フレディは若手で最も才能があって有名な俳優であるし、歴史的な鉄腕アトムを演じるのに理想的だ」と述べている。
 また、デビット・ボワー監督は、「彼のフレッシュさやバイタリティはこの役にぴったり、過去50年にわたり愛されてきたこのキャラクターを彼が演じるのが楽しみでしょうがない」と語っている。

 『鉄腕アトム:アストロボーイ』の製作は昨年から加速化しており、映画の主要スタッフが次々と決定している。今回の主役声優決定に先駆けて、1月25日にデビット・ボワー監督、2月14日には脚本ティモシー・ハリスさんが発表されている。
 ティモシー・ハリスさんは、『キンダガートン・コップ』や『ツインズ』などのヒット作があるハリウッドのベテラン脚本家である。

 日本のアニメ・マンガなどのコンテンツを原作とするハリウッド映画は、昨年の『トランスフォーマー』、今年、2008年は『スピードレーサー』、『ドラゴンボール』が世界公開される。
 2009年は、製作が快調に進んでいるこの『鉄腕アトム』が注目の作品のひとつになりそうだ。

イマージ・アニメーション /http://www.imagi.com.hk/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集