AMDアワードを「ノイタミナ」や「初音ミク」が受賞 | アニメ!アニメ!

AMDアワードを「ノイタミナ」や「初音ミク」が受賞

ニュース アワード/コンテスト

 デジタルメディア協会は、2月27日に「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー‘07/第13回AMDアワード年間コンテンツ賞」の授賞作品を発表した。
 賞は今年からこれまでのプロデュサーやディレクターといった部門賞を廃止し、ジャンルを超えた年間コンテンツ賞・優秀賞を選出する。さらにその中から大賞/総務大臣賞とAMD理事長賞を選ぶ方式となる。

 今年の優秀賞には、「きまぐれロボット」のようなコンテンツ自体だけでなく「iPod touch」や「Wii Fit」のようなハード機まで幅広いものが対象になっている。
 デジタルメディア協会は総務省系の団体ということもあり、「顔ちぇき!~誰に似てる?」、「着信御礼! ケータイ大喜利」といった携帯関連のコンテンツが多いのも特徴である。

 この優秀賞のなかのひとつに、フジテレビの深夜アニメ放映枠「ノイタミナ」も選ばれている。ノイタミナは2005 年から、子供向けでもマニア向けでもない大人のアニメを掲げて始まったアニメ放送枠である。
 大人向け一般向けのアニメの企画が難しいとされるなか、深夜放送にもかかわらず『ハチミツとクローバー』、『働きマン』、『モノノ怪』、『もやしもん』と次々と好視聴率のヒット番組を生み出し注目を浴びている。今回の受賞はアニメそのものでなく、アニメに関する野心的な試みとそれを成功させた実績に与えられたものと言っていいだろう。
 
 またクリプトン・フューチャー・メディアが開発販売する歌声ソフトウェアシンセサイザー「初音ミク」も優秀賞を受賞している。
 合成音声で実現した自然な声のテクノロジーと製品に合わせた美少女キャラクターが、2007年のネット界を席捲させた。

 グランプリにあたる大賞/総務大臣賞とAMD理事長賞は今回は発表されておらず、3月10日に開催される授賞式に発表される予定である。ふたつの賞は今回の受賞作品のなかから1作品ずつが選出される。
 また優秀賞のほか、功労賞を『ポケットモンスター』生みの親の1人である株式会社ポケモン代表取締役社長、株式会社クリーチャーズ代表取締役会長の石原恒和さんが、新人賞にあたる江並直美賞にはウェブデザイナーの勅使河原一雅氏が受賞した。授賞式は3月10日、東京飯田橋のホテルグランドパレスで行われる。

デジタルメディア協会 /http://www.amd.or.jp/

年間コンテンツ賞

【優秀賞 】
■ iPod touch
■ Wii Fit
■ 顔ちぇき!~誰に似てる?~
■ きまぐれロボット
■ 着信御礼! ケータイ大喜利
■ 恋空プロジェクト
■ フジテレビ 深夜アニメ枠「ノイタミナ」
■ ねこ鍋
■ 初音ミク

【功労賞】
石原恒和
(株式会社ポケモン代表取締役社長/株式会社クリーチャーズ代表取締役会長)

【江並直美賞(新人賞)】
勅使河原一雅
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集