アキバ発世界行き アキバBlogが英語バージョンで情報発信 | アニメ!アニメ!

アキバ発世界行き アキバBlogが英語バージョンで情報発信

ニュース 話題

 アキバからの情報配信を行う人気サイト「アキバBlog」の英語版サイト「AkibaBlog」が、2月14日から開始した。
 翻訳とサイトの運営は、日本のコンテンツ企業である姫屋ソフトの米国法人が行っている。姫屋ソフトは、日本の様々なグッズを海外に向けて販売も行なっている。

 アキバBlogは日本のアニメ・マンガ・ゲーム界隈のニュースを届けるサイトとして、大きな人気を博している。アキバ系、オタク系の情報サイトは数多いが、アキバBlogはそれを代表するものである。
 2004年に開始された後、ネット上で大きな人気となり急激にアクセス数を伸ばした。大手メディアやメーカーから流れるニュースでなく、毎日、秋葉原を歩き、秋葉原限定のニュースを話題とするユニークな存在で、事件から些細な日常、コネタなどを毎日取り上げる。

 そのスタイルとフォーマットは、多くのサイトに影響を与えて、多くのオタク系情報サイトに導入されるようになった。また、海外でも名前の知られた存在である。
 今回の英語版サイトの開始も、既に英語圏のアニメ・マンガメディアが早速ニュースとして取り上げ、注目を浴びている。

 英語サイトは勿論、英語圏を中心として世界に向けられたものだが、日本のオリジナルのアキバBlogと体裁も同じで、日本の記事をそのまま訳している。
 しかし、365日、毎日新しいエントリーが投稿される本家アキバBlogに対して、英語版はウィークデイのみの更新となる。さすがにアキバBlogのgeek氏の驚異的な体力にはついていけないようだ。
 海外には日本国内と同様、既に多くの日本のアニメ、マンガ、ゲーム、フィギュアの情報が溢れている。そうしたなかで路上からの視線で大きな人気を誇り、日本のサブカルチャーのムーブメントをタイムラグなく世界に発信するアキバBlogが今後どう受け取られるか注目である。
 
アキバBlog /http://www.akibablog.net/
アキバBlog英語版「AkibaBlog」 /http://en.akibablog.net/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集