米国映像効果賞「トランスフォーマー」4部門 「レミー」も受賞 | アニメ!アニメ!

米国映像効果賞「トランスフォーマー」4部門 「レミー」も受賞

ニュース アワード/コンテスト

 開催6回目ながら、映画界で急速に注目を集めている米国のVES賞(映像効果賞)の各賞が2月11日に米国ハリウッドのコダックシアターで発表された。
 毎年、米国の映像効果協会(VISUAL EFFECTS SOCIETY)が、劇場映画、テレビ、コマーシャルなど様々な映像分野のなかから部門賞を選ぶ。今回は22部門のうち、映画部門で4つの賞を獲得した『トランスフォーマー』が注目となっている。
 『トランスフォーマー』は最も注目が高い映像効果賞(映像映画部門)を受賞したほか、モデル&ミニチュア賞(映画部門)、コンポジティング賞(映画部門)、さらに映画の中から特定シーンを選んで与える最優秀シングル映像効果賞でも選ばれた。単独場面で評価されたのは、砂漠のフリーウェイ(高速道路)のシーンである。

 このほか2月10日に発表されたアニー賞でも多くの賞を獲得した『レミーのおいしいレストラン』が、映像効果賞(映像効果サポート映画部門)と、アニメーションキャラクター賞(アニメーション映画部門)を受賞している。さらに受賞作品のなかには、『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』や『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』など、昨年大きな話題を呼んだ大作映画が入っている。
 現在、国際映画祭やアカデミー賞では作品の質が重視され、大作エンタテインメント映画が受賞するケースは少ない。そうしたなかで話題の映画が次々に飛び出すのは、映像効果賞ならではの楽しさといえるだろう。

 さらに授賞式では、SF映画『インディ・ジョーンズ』シリーズなどで知られる監督・プロデューサーのスティーブン・スピルバーグ氏が、生涯功労賞を受賞した。これは映像作品の業界におけるスピルバーグ氏の芸術面と技術面での貢献を讃えるものである。

映像効果協会(VISUAL EFFECTS SOCIETY)
/http://visualeffectssociety.com/

【VES賞主要部門受賞作品】
■ Visual Effects in a Visual Effects Driven Motion Picture
    『トランスフォーマー』
■ Supporting Visual Effects in a Motion Picture
    『レミーのおいしいレストラン』
■ Visual Effects in a Broadcast Miniseries, Movie or Special
    『宇宙空母ギャラクチカ – Razor』
■ Visual Effects in a Broadcast Series
    『Fight for Life – 第4話』
■ Supporting Visual Effects in a Broadcast Program
    『ローマ2 – 第6話』
■ Best Single Visual Effect of the Year
    『トランスフォーマー』(砂漠のフリーウェイのシーン)
■ Real Time Visuals in a Video Game
    『Halo 3』
■ Pre-Rendered Visuals in a Video Game
    『World of Warcraft: The Burning Crusade』
■ Animated Character in a Live Action Motion Picture
   『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』 (デイヴィ・ジョーンズ)
■ Animated Character in an Animated Motion Picture
    『レミーのおいしいレストラン』 (コレット)
■ Effects in an Animated Motion Picture
    『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』 (メールストロム)
■ Models or Miniatures in a Motion Picture
    『トランスフォーマー』
■ Compositing in a Motion Picture
    『トランスフォーマー』
■ Special Effects in a Motion Picture
    『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集