CGアニメの国別対抗戦「アニカップ」日本選抜予選募集中 | アニメ!アニメ!

CGアニメの国別対抗戦「アニカップ」日本選抜予選募集中

ニュース アワード/コンテスト

 今年10月19日に関西国際空港で、アジア各国のCGアニメのクリエイターを集め、国対抗で作品を競い合うイベント「CGアニメカップ」が開催される。
 この日本チームの代表クリエイター3名を決める日本選抜が、5月に開催される「CGアニメコンテスト」で行われる。

 CGアニメコンテストは、今年で開催20周年を迎える日本で最大の個人制作CGアニメコンテスである。日本のCGアニメシーンを代表する株式会社DoGAが主催している。今回の開催20周年を記念して、CGアニメカップとの連携を決めた。
 日本選抜は、第20回CGアニメコンテストの入選者から選出されるが、20回CGアニメコンテストとCGアニメカップの予選を同時に開催することで、レベルの高いクリエイターの選抜が期待できそうだ。選抜予選の応募受付は2月14日(消印有効)まで行われる。

 CGアニメカップは、関西がコンテンツ産業の発信地であることを国内外に広くアピールすることを目的に、開催される。コンテンツ産業は首都圏のものというイメージを払拭し、関西で行われている様々なコンテンツ関連の試みに注目を向けることを目指す。
 イベントはJAPAN国際コンテンツフェスティバルの関西イベントを統合するCrIS関西の一環でもある。このため開催地に関西国際空港が利用されるほか、空港でのイベントだけでなく在阪大手TV局と提携したテレビ番組化なども行う。

 CGアニメカップの参加国地域には、日本のほか中国、韓国、台湾が決まっている。各国3名のCGアニメクリエイターが、それぞれのCGアニメ作品を持ちより、来場者や審査員による審査の合計採点ポイントで優勝国を決める。
 CGアニメの国別対抗という試みもユニークだが、東アジア4カ国地域の異なった作品を鑑賞できるという楽しさもある。コンテンツ産業の発信と国際化を目指す関西圏を象徴するイベントにもなりそうだ。

DoGA CGアニメコンテスト /http://doga.jp/contest/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集