ブシロード TCG「ヴァイスシュヴァルツ」大型プロモーション | アニメ!アニメ!

ブシロード TCG「ヴァイスシュヴァルツ」大型プロモーション

イベント・レポート

 1月22日、東京・秋葉原でブシロードによるトレーディングカードゲーム(TCG)「ヴァイスシュヴァルツ:Weiβ Schwarz」のゲームシステム・ルール発表会が開催された。「ヴァイスシュヴァルツ」は、ブシロードの大型プロジェクトで、複数のタイトルを統合させより多くのファンが参加出来るゲームを目指している。
 発表会にはブシロードの木谷高明社長らが登場し、ゲームの中心となるジッジシステムやゲームのルールを発表し注目を浴びた。木谷社長は今後も出来るだけユーザーのニーズを取り込んで行きたいとゲームのエンタテイメント性のアップに意欲を見せた。

 TCGの魅力をさらに高める一方で、今回、特に興味深かったのは、この2月から本格的に展開する商品プロモーションである。
 木谷社長によれば、今回一番重視しているのは店舗でのプロモーション展開である。これまでのリサーチによれば、ユーザーがTCGを知るきっかけは、店頭の商品を見る、ポスターを見る、店員や友人による紹介など全て店舗に関わっているという。カードゲームに占める店舗の割合は非常に高いわけである。
 そこでブシロードは全国主要店舗でどの商品よりも目立つ位大きくポスターを張るなど、商品の露出拡大を目指す。

 また、ユーザーにゲームの楽しさを伝えるイベントは、全国100カ所で初心者講習会を実施、さらに東京国際アニメフェアや東京トレカショーでも大型イベントを行う。
 こうしたイベントも大規模な店舗プロモーションと同じく、直接ファンにアプローチすることを目指すものだろう。

 さらにウェブ広告のプロモーションも注目される。ウェブで力を入れるのは1月から開始している、「ニコニコ動画」のバナー広告である。
 木谷社長によれば、会員数430万人、1日の平均ページビュー6000万の「ニコニコ動画」の広告の効果は予想以上だという。この「ニコニコ動画」での広告を、2月20日から4月8日まで途切れることなく投下し続ける。

 同時に、1月から既に行っている雑誌広告や記事、2月20日から音泉で始まる「ブシロード白黒ラジオ」、3月からはテレビCMと一般メディアでも大掛かりな展開が行われる。
 人気アニメ作品を中心に複数のタイトルから構成されるゲーム、大規模なプロモーション、大型TCG「ヴァイスシュヴァルツ」の今後の展開に注目が集まりそうだ。

ヴァイスシュヴァルツ:Weiβ Schwarz公式サイト /http://bushiroad.com/ws/

      bushinomichi.JPG
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集