「精霊の守り人」4月からNHK地上波 BSに「カウボーイビバップ」登場 | アニメ!アニメ!

「精霊の守り人」4月からNHK地上波 BSに「カウボーイビバップ」登場

ニュース アニメ

 NHKは4月以降のアニメ番組の放映予定を一部公開している。これによればBS2木曜日23時からの衛星アニメ劇場に、4月から人気シリーズ『今日からマ王!』第3シリーズと『アリソンとリリア』の2作品が放映される。
 また同じ4月から総合テレビ土曜朝8時に、海外アニメーション『おさるのジョージ』が登場する。さらにNHK教育土曜日夕方の『電脳コイル』の後番組として、6月から『テレパシー少女 蘭』が放映される。

 一番の注目は、現在NHKBS2の月曜日深夜24時(火曜日0時)から放映されている『精霊の守り人』が、NHK地上波に進出することである。NHKの『精霊の守り人』番組サイトによれば、4月からNHK教育で毎週土曜日午前9時から放送する。
 NHK BSで放映された大型アニメが、NHK地上波で放映されるのは通常のパターンで、今回の放送も既定路線と言えるだろう。

 『精霊の守り人』は、上橋菜穂子さんによるファンタジー小説を原作にした力作である。アニメの制作をプロダクション I.G、監督に『攻殻機動隊 Stand Alone Complex』シリーズの神山健治さんなど力の入った作品である。
 しかし、作画、物語と丁寧に作られた作品の評価が高いにも関わらず、視聴しているファンは必ずしも多くないとされてきた。
 これはNHK BSの視聴にはBS用の設備が必要となり、かつNHKの通常の受信料に追加受信料が必要となること、さらに『精霊の守り人』は、平日の深夜放送と視聴のためのハードルが高いことも理由がある。 

 これまでもNHK BSで放映された後に地上波で放送され、作品の注目が増した『プラネテス』などの例もある。地上波、全国放送、週末の朝という好条件で、番組のファン層が増えることが期待出来そうだ。
 一方、現在『精霊の守り人』が放映されている現在の時間には、1997年に制作された人気アニメ『カウボーイビバップ』が放映される。TV『カウボーイビバップ』は、NHKで初放映となる。

NHKアニメワールド /http://www3.nhk.or.jp/anime/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集