蛙男商会 NY国際インディペンデント映画祭 正式出展 | アニメ!アニメ!

蛙男商会 NY国際インディペンデント映画祭 正式出展

ニュース 海外

 蛙男商会が2007年に制作した、世界初のFALSH劇場アニメ『秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~』が、2月28日から3月6日まで開催される「ニューヨーク国際インディペンデント映画祭」に正式出展されることになった。
 ニューヨーク国際インディペンデント映画祭は1993年に創設され、1年に1度開催されている世界最大のインディペンデント映画祭である。

 今回は世界中から1000作品を超えるノミネートがあり、その中から正式出展作に選ばれた。選ばれた理由については「世界初の全編FLASHアニメーションという企画の革新性」と、独特の世界観におけるキャラクターのインパクトが高い評価を受けたためであるという。
 監督のFROGMANさんと関係者は映画祭のオープニングセレモニーに参加するほか、関係者が出席するパーティーで海外配給に向けたアピールを行う予定である。映画は2月29日にプレミア枠で上映される。

 『秘密結社鷹の爪』は2006年「THE FROGMAN SHOW」の中で、毎週のテレビ番組としては異例のフラッシュアニメ11作が放送されたナンセンスコメディ。深夜放送ながらカルトな人気を呼び2007年には劇場作品となった。
 蛙男商会の作品は、デビュー作の劇場版『菅井君と家族石 THE MOVIE』が2008年2月16日より劇場公開される。
 また、続編の『秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE2~島根より愛を込めて~』も2008年に公開が予定されているなど、蛙男商会にとっては忙しくも幸先の良い2008年のスタートとなった。

蛙男商会 公式サイト /http://www.kaeruotoko.com/index.html

        flog.jpg
      (c)Copyright 2007THE FROGMAN SHOW 劇場製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集