世界名作劇場3作品のDVDを毎週1話ずつコレクション | アニメ!アニメ!

世界名作劇場3作品のDVDを毎週1話ずつコレクション

ニュース アニメ

                              ©NIPPON ANIMATION CO.,LTD
sekai.jpg 人気アニメ世界名作劇場シリーズのなかの3作品『フランダースの犬』、『母をたずねて三千里』、『あらいぐまラスカル』が、毎週1話ずつDVDセットで収録して発売される。これはディアゴスティーニ・ジャパンが2月19日の創刊する「隔週刊 世界名作劇場DVDセレクション」である。
 作品は昭和50年から放映されている長寿シリーズのなかで、特に人気の高い3作品を取り上げる。ひとつの作品をまとめて一気に観るのでなく、2週間に一度異なった3作品を1話ずつ楽しむのが特徴である。

 また「世界名作劇場DVDセレクション」はDVDを収録するだけでなく、様々な読み物からなるピクチャーブックがセットになる。内容は作品のあらすじ、物語に登場する地名や動物、時代背景、文化などからテーマを取り上げ解説する「くろーずあっぷ」、アニメ制作や原作、放送当時の秘話を紹介する「おもしろトピックス」、さらに児童文学を毎号1作品取り上げて紹介する「児童文学ライブラリー」などである。
 アニメを映像で楽しむだけでなく、読んで楽しく、知識が広がることを目的にしている。

 価格は創刊号が特別価格として790円になるが、2号以降は1790円である。全52号を予定しており、およそ2年間にわたるシリーズとなる。
 ディアゴスティーニは、パートワークスと呼ばれる週刊や隔週刊で発売されるシリーズ書籍を得意としている。これまでのヒット作には「ガンダムファクトファイル」などがある。
 現在は本だけでなく、CDやDVDも同じ方法で紹介している。ディアゴスティーニは世界名作劇場以外にも、「ガッチャマン」シリーズのDVDでも同様の商品を発売している。

世界名作劇場DVDセレクション /http://www.de-club.net/smd/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集