「PERSONA ‐trinity soul-」プレミア試写会 | アニメ!アニメ!

「PERSONA ‐trinity soul-」プレミア試写会

イベント・レポート

                 ©ATLUS/ペルソナ~トリニティ・ソウル~製作委員会PERSONAA.jpg 12月24日、来年1月から放送開始の期待作『PERSONA ‐trinity soul-』のプレミア試写会が都内で行われた。試写会では完成したばかりの第1話が上映されたが、その仕上がりのレベルの高さは試写会に訪れた関係者の多くをうならせた。
 人気ゲームソフトとして高い人気を誇る『ペルソナ3』のファンを満足させるに十分な映像と内容でのクオリティーと言えるだろう。作品を一言で表すなら、「かっこいい作品」という点に尽きる。それは今回の挨拶にたったスタッフ陣やボイスキャスト陣がみな強調することでもある。

 オープニングテーマは第1回全日本アニソングランプリの優勝者である喜多修平さんが担当する『Breakin’through』をテーマに斬新な映像が続く。オープニングテーマ自体も新人とは思えない勢いと深みのある曲に仕上がっている。
 また、映像化されたペルソナのデザインと動き、2話以降に登場することになる制服のデザインなど、細かな部分まで気を配っている様子が伺える。

 A-1 Picturesの大松裕氏プロデューサーは、今回のデザインについて「デザインに凝るをテーマにしている。制服だけでなく、学校のデザインなども今までの学園ものとは一味違うもの」と言う。さらに「今回アトラスの副島成記さんにデザインを頼み、今までのアニメ業界からは出ない斬新なデザインになった」と語った。
 アニプレックスの足立和紀プロデューサーは、「素晴らしいクオリティーで皆さんに感謝している。三兄弟の話と学園をメインに展開する。オリジナルの設定も多い」とアニメならでは見所の多さを紹介した。

 こうした制作の勢いは、アフレコ現場にも伝わっている。そうしたなかで主人公神郷慎役の岡本信彦さんは、「作品を観て鳥肌がたった。かっこいい作品で、自分自身も、作品と一緒にもっと成長して行きたい」と作品への意欲をみせる。
 また、茅野めぐみ役の阿澄佳奈さんは、「完成した映像をみてびっくり。格好いいし、よく動く。わたしたちにもまだ判らない部分があるので、楽しみながらやりたい」と話した。

      perusona12.JPG

PERSONA ‐trinity soul-
公式サイト /http://persona-ts.net/

【メインスタッフ】
原案: PS2用ゲームソフト「ペルソナ3」(ATLUS)
監督: 松本淳
メインキャラクター原案: 副島成記(ATLUS)
シリーズ構成: むとうやすゆき
キャラクターデザイン: 石井百合子
ペルソナデザイン: 玄馬宣彦
メカデザイン: 常木志伸
音楽: 岩崎琢
美術監督: 鈴木路恵
美術設定: 田村せいき/藤瀬智康
色彩設計: 中島和子
CGIディレクター: 古川貴之
撮影監督: 石原浩二
編集: 西山茂
アニメーション制作: A-1 Pictures
製作: ペルソナ~トリニティ・ソウル~製作委員会

【メインキャスト】
神郷慎: 岡本信彦
神郷諒: 子安武人
神郷洵: 沢城みゆき
茅野めぐみ: 阿澄佳奈
榊葉拓朗: 田坂秀樹
守本叶鳴: 中原麻衣
紫倉統馬: 浪川大輔
紀本祐史: 飛田展男
瀬能壮太郎: 高城元気
橘花沙季: 佐古真弓
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集