蛙男商会最新作『菅井君と家族石 THE MOVIE』イベントレポート | アニメ!アニメ!

蛙男商会最新作『菅井君と家族石 THE MOVIE』イベントレポート

イベント・レポート

flogman12141.JPG 2008年2月に公開される『菅井君と家族石 THE MOVIE』の公開記念イベントが12月13日、東京・代官山UNITにて開催された。
 『菅井君と家族石』は『秘密結社鷹の爪』で知られるFROGMANさんが4年前、島根在住時に一人でFLASHを使い制作したデビュー作で、島根県出雲地方在住の極貧ソウル・ファミリー、菅井家のソウル&グルーヴィーな日常を追ったナンセンス・コメディ。
 FROGMANさんの後の作品に登場するキャラクターたちのルーツとなった作品である。ネット配信から人気が高まり、自主制作DVDはインディーズ市場で大ヒットを記録した。

 イベントでは2月の公開に先立ち、ダイジェスト版が公開された。FROGMANさんによると「今、3分の1くらい出来てます」と本編は未完成の状態だが、連発されるエッジの効いたギャグと、映画や音楽のパロディネタに、会場は爆笑の渦に包まれた。

 FROGMANさんは制作当時の様子について「当時の年収は60万円。そんなときに、カミさんに子供ができちゃって、出産費用を捻出しなければならなくなった。
 どうにかしなければと思い、コンテストの賞金目当てに制作したFLASHアニメが『菅井君』でした。個人サイトで発表していたら、あっという間に話題になって、東京でのメジャーデビューのきっかけになった」と語る。

 今回は音楽に有名JAZZバンドが扮する覆面バンド「副島さんとピンカラ殺生s」(そえじまさんとぴんからせっしょうず)を迎える。
 彼らはイベントにも登場し、本作のテーマソングでもある新曲『COME ON BABY』ほか3曲を披露し、会場を盛り上げた。

 FROGMANさんは『菅井君』について音楽への強い思いがあり、それだけに、自分が心から信頼できるアーティストに楽曲をお願いしたかったという。彼らにオファーをし、受けてもらったことを喜んでいた11月末に、初めてライブを生で見て、パフォーマンスの凄まじさに愕然としたという。
 彼らの威力に映画が完全に負けてしまうと思い、その日のうちに、脚本もキービジュアルも書き直したという。副島さんとピンカラ殺生s」は映画にも出演するとのこと。

 イベントの最後には、プレゼント大会が行われ、副島さんたちからはライブで使用した拡声器が、FROGMANさんからは、島根でのフリーター時代にデザインしたクッキーの缶というレアなアイテムがプレゼントされた。
 さらにサプライズとして本作品の出演権がプレゼントされることが発表され、最後の最後に会場は大盛り上がりを見せて、イベントは終了した。
 『菅井君と家族石 THE MOVIE』は2008年2月16日よりTOHOシネマズ系にて全国順次ロードショーされる。

蛙男商会公式サイト『菅井君と家族石』
/http://www.kaeruotoko.com/sguy_top.html
「菅井君と家族石 THE MOVIE」の制作状況を生々しく報告するブログ(仮)
/http://sguymovie.blogspot.com/

         flogman1214.JPG
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集