「コードギアス 反逆のルルーシュ」 アメリカでテレビ放映に | アニメ!アニメ!

「コードギアス 反逆のルルーシュ」 アメリカでテレビ放映に

ニュース 海外

 テレビアニメシリーズとして人気の高い『コードギアス 反逆のルルーシュ』が、大手ケーブルテレビ局カートゥーンネットワークのアダルトスイムチャンネルで放映されることになりそうだ。
 これは北米のアニメニュースサイトのアニメニューズネットワークが、12月7日から開かれているニューヨーク・アニメ・フェスティバル(The New York Anime Festival)のレポートとして伝えている。
 同サイトによれば、『コードギアス』の北米でのライセンスを既に獲得しているバンダイ・エンタテイメントが、自社のパネルイベントのなかで明らかにした。バンダイ・エンタテイメントによれば、『コードギアス』は2008年春からアダルトスイムで放映開始するだけでなく、関連商品の展開も行う。

 『コードギアス 反逆のルルーシュ』は、現実の世界とよく似た架空の世界で繰り広げる人気アニメで、2006年10月から深夜アニメとして半年間放映され爆発的な人気となった。その人気から既に続編の製作も決定している。
 北米での展開も早くから期待されていたが、本年の7月にバンダイ・エンタテインメントが権利獲得を発表して以来、そのリリース時期と方法がファンの関心を集めていた。今回人気テレビチャンネルのアダルトスイムでの放映決定で、これまで考えていたよりも大掛かりなテレビ連動型の展開となる。

 アダルトスイムは大手ケーブル会社のカートゥーンネットワークが運営しており、深夜帯に大人の視聴者に向け米国のカートゥーンや日本のアニメなどを放映している。若者の間で人気が高く、18歳から30代の視聴者の間では、人気ナンバー1のケーブルチャンネルである。
 チャンネルは伝統的に日本アニメの放送が多く、『カウボーイビバップ』や『鋼の錬金術師』、『新世紀エヴァンゲリオン』などの放映も行っている。現在は『Death Note』や『Blood+』、『クレヨンしんちゃん』などが放映されている。

 米国でも数多くのアニメ作品のタイトルがリリースされているが、大手のテレビ局で放映されている作品は数が限られている。
 それだけに人気チャンネルであるカートゥーンネットワークやアダルトスイムでの放映は、ファンの消費と密接に結びついているとされる。テレビ放映の有無により、DVDや関連商品の売上は大きく変わることが多い。今回のテレビ放映決定は、現地のアニメファンだけでなく、関連企業にとっても意味が大きいだろう。

アニメニューズネットワーク /http://www.animenewsnetwork.com/
/Code Geass to Air on America's Adult Swim in Spring

アダルトスイム公式サイト(英語) /http://www.adultswim.com/
ニューヨーク・アニメ・フェスティバル(The New York Anime Festival)
/http://www.nyanimefestival.com/en-us/japanese.cfm
バンダイ・エンタテイメント(英語) /http://www.bandai-ent.com/

コードギアス 反逆のルルーシュ公式サイト(日本) /http://www.geass.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集