日本テレビがアニメのインターネット配信 第1弾「闘牌伝説アカギ」 | アニメ!アニメ!

日本テレビがアニメのインターネット配信 第1弾「闘牌伝説アカギ」

ニュース 話題

 地上波放送局の日本テレビ放送網(日本テレビ)は、11月8日からインターネット事業子会社フォアキャストを通じて新たにアニメ番組のインターネット配信を始める。
 11月8日から『闘牌伝説アカギ~闇に舞い降りた天才~』をUSENが運営するインターネットの無料動画配信サービス「パソコンテレビGyaO」とモバイル向けの「モバイルGyaO」、テレビ向けの定額配信サービス「ギャオネクスト」、さらにインターネット向けの動画配信サービス「Showtime」の4つで配信を行う。

 日本テレビによれば、このサービスは深夜枠アニメーションのオンデマンド配信プロジェクトの第1弾である。『闘牌伝説アカギ』は、2005年10月から2006年3月にかけて深夜放送された。番組は深夜放送として異例の4%前後の高い視聴率を獲得するなど高い人気を博している。
 今回のプロジェクトは日本テレビがオンデマンド配信通じて、番組の視聴機会とDVD販売の拡大を狙ったものである。近年、DVD販売を目的とするアニメ番組は、深夜放送に加えてインターネットの配信を行うことで視聴機会とファンの拡大を狙うケースが増えている。

 今回の試みは、そうしたオンライン配信を放送局自らが行うことである。放送局の側から放送とネット配信双方での番組リリースを管理する新しい試みである。
 今後も日本テレビは、同局が窓口権を保有するアニメコンテンツを積極的にオンデマンド配信していく予定としている。今後もあらたな人気作品が登場しそうだ。

 日本テレビは大手アニメ製作会社のスタジオジブリ、マッドハウス、IGポート(プロダクション I.G)などに出資するほか、子会社バップを通じてアニメ作品の映像パッケージ事業も行うアニメ事業に強い放送局のひとつである。そうしたことが今回の企画実現の大きな力となったと見られる。
 また地上波放送局では日本テレビのほか、テレビ東京が自社独自のアニメポータルサイトを通じて、アニメ番組のインターネット配信を行っている。地上波テレビ局の相対的な影響力の縮小とインターネット配信の影響力拡大のなかで、今後もアニメ番組のインターネット配信に力を入れる放送局は増えそうだ。

日本テレビ /http://www.ntv.co.jp/
  闘牌伝説アカギ~闇に舞い降りた天才~公式サイト /http://www.ntv.co.jp/akagi/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集