想像を超えた「ガンダムバトレイヴ」 ガンダムが甲虫やストーブと融合 | アニメ!アニメ!

想像を超えた「ガンダムバトレイヴ」 ガンダムが甲虫やストーブと融合

ニュース アニメ

 アニメ制作のサンライズと玩具会社バンダイは、「ガンダム」シリーズをもとにした新たな共同プロジェクト『フュージョン戦記 ガンダムバトレイヴ』を開始する。
 『フュージョン戦記 ガンダムバトレイヴ』とは、「ガンダム」と「何か」を融合(フュージョン)させて、新しいガンダムを登場させるカードバトルゲームである。

 ゲームの面白さもさることながら、作品に登場するユニークなガンダムたちが作品の魅力となる。例えばガンダムとカブトムシがフュージョンした『ガン・ダイビート』、忍者とフュージョンした『忍者G忍』などである。フュージョンするのは生き物だけでなく、電気ストーブとフュージョンした『ガン・ヒーダム』なども登場する。とにかくあらゆるものとガンダムがフュージョンし、見たこともない新しいガンダムへと融合し、戦うカードゲームとなる。
 カードに登場するオリジナルガンダムのデザインには、大河原邦男さんやカトキハジメさんもクリエイターとして参加する。

   sd gundam.JPG
        ©創通・サンライズ

 「フュージョン戦記 ガンダムバトレイヴ 第1弾」自販機ブースターは1セット3枚100円(税込)のほか、ブースターパックやスターターセットなどが本年12月下旬に発売される。
 販売は全国の玩具店、量販店、カードダス自販機で行われ、商品の主なターゲットは小学生の男児となる。バンダイでは2009年3月末までに、4000万枚の販売を目指すとしている。
 また、『フュージョン戦記 ガンダムバトレイヴ』は、SDガンダムカードダス生誕20周年を記念した商品のひとつである。生誕20周年には、このほか「SDガンダムワールド コンプリートボックスVol.1」、「SDガンダム外伝 コンプリートボックスVol.1」が11月下旬に発売される。

 これまでにもガンダムはモチーフにした自由な発想は、低年齢向けに展開するSDガンダムや、各国のガンダムが世界一を目指して戦う『機動武闘伝Gガンダム』などであった。
 今回のコンセプトも「Gガンダム」に出てきたセーラー服のノーベルガンダムや鐘のかたちをしたマンダラガンダムなどを思い起こさせる。今回のプロジェクトではそうした路線を踏襲しつつ、さらに過激に個性的なメカが多数登場しそうだ。

「フュージョン戦記 ガンダムバトレイヴ」公式サイト
/http://www.carddas.com/g-fusion/

サンライズ /http://www.sunrise-inc.co.jp/
バンダイ /http://www.bandai.co.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集