「ツバサ TOKYO REVELATIONS1」完成披露試写会: レポート | アニメ!アニメ!

「ツバサ TOKYO REVELATIONS1」完成披露試写会: レポート

イベント・レポート

 10月21日、「ツバサ TOKYO REVELATIONS 1」のファンを交えた完成披露試写が、東京・護国寺の講談社で開催された。
 「ツバサ」はCLAMPの人気マンガで週刊少年マガジンに連載中の『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE』を原作にしている。数あるCLAMP作品の中でも核になる作品のひとつとして、国内外で絶大な人気を誇っている。
 ゲストにはCLAMPの全メンバーに加えて、小狼役の入野自由さん、サクラ役の牧野由依さん、黒鋼役の稲田徹さん、ファイ役の浪川大輔さん、さらに監督の多田俊介さん、作品のプロデューサーであるプロダクション I.Gの黒木るいさんが揃う豪華フルメンバーとなった。

        tsubasa2.JPG

 作品はこれまでにもテレビアニメ『ツバサ・クロニクル』として、2005年、2006年に2シーズンにわたりNHKで放映された。また、『劇場版ツバサ・クロニクル 鳥カゴの国の姫君』として映画化もされている。しかし、今回の東京編はテレビシリーズでは映像化が実現しておらず、ファンからアニメ化の期待も大きかった。
 CLAMPのメンバーで今回は『ツバサ TOKYO REVELATIONS』の脚本を努める大川緋芭さんによれば、「東京編はTVシリーズとしての映像化は難しく、その前で終わるのでないかと思っていた」という。

 しかし、CLAMPの作品への強い思いと、講談社、そしてプロダクション I.Gとの協力が組み合わさることで、今回の企画が実現した。こうした思い入れは、ゲスト参加したキャストも同様で、入野さんや稲田さんは、原作を見ながらこれまで自分で何度も声を出していたほどだという。
 また、今回OPテーマ「synchronicity」も担当する牧野さんは、このTVシリーズが自分のデビュー作で思い入れの深い作品、久しぶりにアフレコに入ってもすぐにサクラになれたと話した。浪川さんも同様に「久しぶりだったけれどスタジオに入ってしまえば同じ、ファイが初めて自分の感情を出したシーンが印象に残っている」とする。

 本編の注目は、今回、次々に現れる新キャラクター、そしてこれまでをさらに上回るアクションシーンの連続、それに物語の転換ポイントとして各キャラクターがこれまでになかった様に変わっていくことである。
 またアニメ化を熱望したファンの期待に応える物語と映像のクオリティーとなり、2巻、3巻への更なる盛り上がりを期待させる。

 気になる本作品は、今回、披露された第1巻が単行本21巻とセットになった『ツバサDVD付限定版 21巻』として11月16日に発売される。さらに来年1月17日(予定)に22巻とDVD2巻「REVELATION S 2」、3月17日(予定)に23巻とDVD3巻「REVELATIONS 3」が発売される。
 ファンにとっては待ち遠しいが、同時に半年間十分楽しめる企画にもなっている。アニメ化は難しいともされた東京編の映像化で、今後はそれに続くさらなる物語のアニメ化の期待も高まる。コミックにアニメと「ツバサ」の世界はまだまだ拡大しそうだ。

ツバサ TOKYO REVELATIONS オフィシャルウェブサイト
/http://www.shonenmagazine.com/tsubasa_tokyo/

ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE公式サイト(講談社)
/http://www.shonenmagazine.com/works/tsubasa/

CLAMP-NET.COM (CLAMP公式サイト)
/http://www.clamp-net.com/index2.html
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集