デジタルコンテンツグランプリ 「エヴァゲリオン」「ガンダム無双」受賞 | アニメ!アニメ!

デジタルコンテンツグランプリ 「エヴァゲリオン」「ガンダム無双」受賞

ニュース アワード/コンテスト

 財団法人デジタルコンテンツ協会は、10月11日に第22回デジタルコンテンツグランプリの各部門を受賞した5作品を発表した。
 これは10月11日から東京・秋葉原で開催されているASIAGRAPHの会場で行われたもので、発表にあわせて贈賞式も行われた。

 経済産業大臣賞は、携帯電話のコンテンツ送信技術「Spear」と「Spear Multi」を開発した株式会社吉田鎌ヶ迫に与えられた。
 また、DCAj会長賞は、現在、劇場公開中の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が選ばれた。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』は、既に興収が16億円を越える大ヒットとなっているほか、作品の評価も高い。

 デジタルコンテンツ協会は、日本のデジタルコンテンツ産業発展と振興を目指している非営利団体である。デジタルコンテンツグランプリは、このデジタルコンテンツ協会が経済産業省の協力を得て、毎年デジタルコンテンツ産業の発展に貢献した作品や人・団体を表彰している。
 経済産業大臣賞とDCAj会長賞は、デジタルコンテンツグランプリのなかでグランプリに相当する賞である。 
 DCAj会長賞は、昨年は邦画の中で高い評価を受けて、数々の映画賞を受賞した『嫌われ松子の一生』が受賞している。このほか過去の受賞作品には『ALWAYS 三丁目の夕日』や『ドラゴンクエストVIII空と海と大地と呪われし姫君』などがある。

 また、優秀賞にはコーエーが開発し、バンダイナムコゲームスの発売する『ガンダム無双』が選ばれた。コーエーは第21回にも『真・三國無双 BB』が審査委員賞を受賞している。
 ガンダム関連では第21回の優秀賞に『機動戦士ガンダム 戦場の絆』、第20回の優秀賞に『機動戦士ZガンダムII~恋人たち~』が選ばれており、コンテンツとしてのブランド力の強さを見せつけている。
 
 しかし昨年は、『時をかける少女』や『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』、『デスノート』などエンタテインメントコンテンツが大量に受賞していたが、今年は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、『ガンダム無双』以外は全てテクノロジー関連のものだった。
 審査委員長の月尾嘉男東京大学名誉教授によれば、これは今年のグランプリがコンテンツ産業の基盤になる技術を重視した結果である。

 技術賞には社団法人電子技術産業協会(JEITA)特定プロジェクト推進室の『緊急地震速報実証実験プロジェクト』とアニメ制作で知られるOLMのデジタル部門のオー・エル・エム・デジタルと東京大学五十嵐研究室(藤堂英樹・五十嵐健夫)が協力して開発した『演出シェーダー“LoCoStySh”』が選ばれている。

第22回デジタルコンテンツグランプリ受賞作品

経済産業大臣賞
「Spear」と「Spear Multi」 株式会社吉田鎌ヶ迫

DCAj会長賞 
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』 株式会社カラー

技術賞
『緊急地震速報実証実験プロジェクト』
社団法人電子技術産業協会(JEITA)特定プロジェクト推進室

『演出シェーダー“LoCoStySh”』
株式会社オー・エル・エム・デジタル
東京大学五十嵐研究室(藤堂英樹・五十嵐健夫)

優秀賞
『ガンダム無双』
発売: 株式会社バンダイナムコゲームス
開発: 株式会社コーエー

デジタルコンテンツ協会  /http://www.dcaj.org/

        dcaj2007.JPG
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集