杉並アニメミュージアムでアニメプロデューサー講座 I.G森下氏 | アニメ!アニメ!

杉並アニメミュージアムでアニメプロデューサー講座 I.G森下氏

ニュース イベント

 杉並アニメーションミュージアムは、10月27日にアニメーションの仕事を紹介するワークショップ「アニメーション・プロデューサー講座」を開催する。講師はアニメ製作会社のプロダクションI.Gで、数々の話題作、人気作品のプロデュースを手がけてきた森下勝司さんが行う。
 講座は杉並アニメーションミュージアムが進める「アニメーションを創る楽しさ」を伝えるイベントやワークショップ、レクチャーなどの企画のひとつとされている。開催は10月27日の15時から同ミュージアムで、参加は無料だが事前の申し込みが必要でメール、電話、ミュージアムで受付ける。先着50名までとなっている。

 ミュージアムではこれまで、アニメの作画や脚本、声優などのイベントは多数開催しているが、制作のマネジメントにあたるプロデューサーの講座は初めてである。
 講座ではアニメプロデューサーの仕事を、森下勝司さん自身がプロデュースした作品を例にとって解説する。森下さんはプロダクションI.Gで、『BLOOD+』、『精霊の守り人』、『神霊狩/GHOST HOUND』などのプロデュースを行っている。
 杉並アニメーションミュージアムでは、アニメ業界に興味のあるかたに、参加して欲しいとしている。

 杉並アニメーションミュージアムは、アニメを地場産業とする杉並区と日本動画協会の協力によって運営されている。ア二メを観る楽しみだけでなく、アニメを作る楽しみの紹介にも力を入れており、長期的なアニメ産業の振興も目指している。
 プロダクションI.Gの関連では、このほか常設展示としてプロダクションI.Gの取締役でアニメーターである後藤隆幸さんの仕事場再現があるほか、同社の代表作『人狼JIN-ROH』のセル画展示なども行っている。

杉並アニメーションミュージアム
/http://www.sam.or.jp/

「アニメーション・プロデューサー講座」
2007 年10 月27 日(土) 15:00 より
杉並アニメーションミュージアム内 アニメシアター
定員 :先着50名
費用 :無料
メール、電話、ミュージアム3階受付にて、申し込み受付
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集