presepe×まんたんウェブ×アニメ!アニメ! “2007年秋のアニメを語る座談会” | アニメ!アニメ!

presepe×まんたんウェブ×アニメ!アニメ! “2007年秋のアニメを語る座談会”

特集 そのほか

presepe×まんたんウェブ×アニメ!アニメ!
  アニメ情報3サイト合同企画“2007年秋のアニメを語る座談会”


プレセペ /http://www.presepe.jp/
まんたんウェブ /http://mantanweb.mainichi.co.jp/web/

対談者
鈴木茂美(プレセペ)、渡辺圭(まんたんウェブ)、数土直志(アニメ!アニメ!)

1. 秋のアニメ番組の注目どこだ!

――10月の新番は32本ありますが、特に目玉と思われるものはありますか?


渡辺:
『機動戦士ガンダムOO』とそれ以外という図式になるんじゃないか、というのが率直な感想です。
『天保異聞 妖奇士』が半分(2クール)で終わってしまったこともあって、MBSはこの枠で捲土重来をかけてくる、という意味では非常にいいタイミングだな、と。
他では、オリジナルよりもほぼ原作ものばかり、オリジナルは『ドラゴノーツ』ぐらいですか。
鈴木:
ドラマは反対にオリジナルを出して行こうという動きはあるみたいですが、アニメに関して言うと、(漫画原作などの)安定したもので稼ごう、という感じですよね。
数土:
カッティングエッジが減っちゃったんですよね。春は『精霊の守り人』があったし、『DARKER THAN BLACK -黒の契約者-』『クレイモア』と、結構ハイエンドのものが多かったんだけど。
渡辺:
そうですね。ハイエンドというか、エッジが効いているものは減りましたね。

鈴木:
でもやっぱり『ガンダムOO』なんじゃないかと。女子向けのガンダムについてどうお考えですか?
渡辺:
そうですね、『コードギアス』のCLAMPに次いで、次はガンダムで高河ゆんっていうのは、すごいですね。
数土:
サンライズがうまいなぁと思うのは、『コードギアス』の時に谷口悟朗さんとCLAMPをスタッフに並べて「あ、すごいな、狙ってるな」と思っていたら狙い通り当たってしまった。
今度は『ガンダムOO』でも水島精二さんを起用していて、ものすごく実力のある人を並べる。それが間違いなくファンのツボにはまる。
鈴木:
もう見ました?
渡辺:
見ましたよ。『ガンダムSEED』の時よりは地に足の着いた作品をやろうかな、という印象を受けましたね。
その辺はMBSらしく、きっちり現代社会の問題をやりますよ、という意思を感じられましたね。

――女の子に対しては声優とキャラクターデザインで、男の子に対してはストーリーで、という感じになるんですかね?

渡辺:
やっぱりファースト世代も取り込みたいという狙いもあると思いますので。
数土:
一定の層だけを狙うと視聴率が出ないんですよね。
鈴木:
あとは音楽もL’Arc~en~Cielですし。
渡辺:
いわゆる土6イズムの全てをつぎ込んでいるな、という感じはすごくしますね。

鈴木:
やっぱりみんなの一押しは『ガンダムOO』か。あと、『獣神演武』。これは当たるでしょう。
渡辺:
対抗馬としては文句なしでしょう。
鈴木:
声優さんもすごくいいですよね、確か。チェリーベル(櫻井孝宏さん、鈴村健一さん)に銀河万丈さん。
渡辺:
『鋼』の荒川弘のアニメ化第2弾ということも、期待が高まる要因でしょうね。でも完全に男の子狙いですよね。
鈴木:
いやいや、女子でしょう、声優を見れば。
数土:
最近は声優で女の子を捕まえて、中身で男の子、という棲み分けなのかもしれないですよね。
渡辺:
荒川さんが「鋼」の前から暖めていた企画みたいですね。

鈴木:
じゃあ1番は『ガンダム』で2番は『獣神演武』という感じですかね。あとは『もやしもん』じゃないですか?
渡辺:
そうですね。フジテレビは一般層を取り込みたいという意思をすごく感じます。『もやしもん』もそうですけど『しおんの王』もそうですよね。2つとも一般層を見据えてると思います。
数土:
『もやしもん』はノイタミナ枠ですしね。この枠は一見あれっ?と思う企画でもみんなかなり視聴率が出てるし、いい作品ばかりなんですよ。
渡辺:
DVDも採算が取れているらしいですからね。
鈴木:
ノイタミナ枠って女子向けだと思っていたんだけど違うんですかね?
数土:
『働きマン』や『モノノ怪』もやっているので、必ずしも女の子だけ、というわけではないです。
鈴木:
じゃあ『もやしもん』も注目、でいいですか?
渡辺:
土6とノイタミナは大きな枠なので、どうしても外せないところだと思うんですね。

数土:
あとちょっと気になっているのは『げんしけん2』。今『げんしけん2』をやるその意気込み。
渡辺:
やっぱり固定ファンがいるんでしょうね。『らき☆すた』とかを見てるとわかるんですけど、傾向として最近あるのは、すごく壮大な話をやることよりも、割とゆるく日常を描こう、という流れが強いじゃないですか。
『銀魂』なんかもう完全にそういう話になっていますし。この春流行ったもので言うと、わりとゆるく日常をやろうよ、みたいなのが多いですよね。パロディを交えて。
数土:
そのあたりが、さっき言っていたハイエンドが減っちゃった理由かもしれないですね。
渡辺:
消費の中心である20代のオタクの層がもう、ネットで騒げるツールを欲しがっていて、そういうネタの種になるような作品を求めているかな、という傾向は感じますよね。

鈴木:
ではまとめると、私たち3人が押す3作品としては、1番が『機動戦士ガンダムOO』、2番『獣神演武』とあって、その下が結構あいて『もやしもん』ということですね。

/第2回 2007秋新番の流れはどこに向かっている?
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集