『劇場版アクエリオン』完成披露試写会 舞台挨拶レポート | アニメ!アニメ!

『劇場版アクエリオン』完成披露試写会 舞台挨拶レポート

イベント・レポート

 2005年10月に放送開始され、多くのファンを生み出したSFロボットアニメ『創聖のアクエリオン』の映画版『劇場版アクエリオン』の完成披露試写会が行われた。
 今回の映画は現在リリース中のOVAをベースにした「創星神話篇」とテレビシリーズをベースにした短編「壱発逆転篇」の二本立てになっている。

 会場では監督の河森正治さんアポロ役の寺島拓篤さん、シルヴィア役のかかずゆみさん、リーナ役の佐藤ひろ美さん、頭翅(トーマ)役の森川智之さんが舞台で挨拶を行った。
 美形のキャラクターとコミカルで熱い内容の同作を象徴するかのように、会場は男性女性の比率はほぼ同数。

       aq.jpg       

 作品の見どころについて、まずは河森監督が「大画面で観て貰えるチャンス1万2000回見て下さい」と笑いを誘う。
 寺島さんは「テレビ版とは別人と言えるくらい大人になっているので、話にどう絡んでいくか見て欲しい」と主人公らしいコメント。かかずさんは「メカの動きがすごく早いので動体視力を鍛えられます」と、アクションシーンを強調した。

 監督がミステリアスさと歌うシーンで選んだという佐藤さんは「声優として初めてチャレンジした作品が劇場で多くの人に観て貰えるのが光栄です。リーナは劇場版でも変わらず、リーナ節が出ています」と語った。
 森川さんは「自分が持っている一番良い響きを出せたと思う。トーマの怖さを十分に感じて欲しい」と語った。

 監督によると、長編はをかなりシリアスに作った反動で、短編の方は笑いを取る方向に飛ばしたそうで「テレビシリーズを見て来てくれるとより楽しめる」というが、最後には「頭で考えていると追いつかない早さで話が進むので、心と体と魂を一つにしてご覧下さい」と語った。
 舞台挨拶の最後には、本作のテレビCMに出演している多岐川華子さんが超合金アクエリオンを手に花束の贈呈を行った。

 『劇場版アクエリオン』は2007年9月22日の全国ロードショーに先駈け、秋葉原にある東京アニメセンターアキバ3Dシアターで9月15日から先行上映が始まり、15日には舞台挨拶が行われる。
【日詰明嘉】

      aquarion_main.jpg
        (C)2007 河森正治・サテライト/Project AQUARION

劇場版アクエリオン 公式サイト
/http://gattai.jp

東京アニメセンター
/http://www.animecenter.jp/jp/theater/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集