島みやえい子 「奈落の花」と「ひぐらしのなく頃に解」を語る | アニメ!アニメ!

島みやえい子 「奈落の花」と「ひぐらしのなく頃に解」を語る

イベント・レポート

 人気音楽制作集団「I’ve」のアーティスト島みやえい子さんの最新シングル「奈落の花」が、いよいよ8月22日に発売される。
 この曲は圧倒的な人気を誇るテレビアニメシリーズ『ひぐらしのなく頃に解』のオープニング主題歌でもあり、番組を通じて島みやえい子さんの魅力的な楽曲に惹かれた人も多いだろう。
 その島みやえい子さんが、「奈落の花」と『ひぐらしのなく頃に解』についての思いを語ったオフィシャルインタビューが届いたので紹介したい。

島みやえい子インタビュー

「ひぐらしのなく頃に」アニメ・シリーズの最新作、「ひぐらしのなく頃に解」の主題歌を前回に引き続き担当されました。どのような楽曲になったと、ご自身では考えてらっしゃいますか?

島みや
前回の「ひぐらしのなく頃に」って、全く救いのないものだったじゃないですか。でも、今回は救いがある!って(笑)。
そのイメージって、実はメロディを聴いた段階で頭に浮かんだことなんですよ。今回は前回と違って、絶望的ではないだろうな、っていう感じで。

勿論シナリオを読んでから今回も作詞をしたのですが、半分読んだ段階で、歌詞の方向性は決まっていましたね。その根底に流れているテーマは一つだったので。
あと、作曲をされた中沢伴行さんは、楽曲の世界観を私に合わせたと言っていました。

      shimamiyasan.jpg

歌い方にも前回とハッキリとした違いを感じますが、どのような事を意識して歌われましたか?

島みや
基本的に、監督さんや、楽曲を作った中沢さんからも「お任せで」と言う風に言われていたという事もあったので、シナリオと楽曲から感じたままを歌いましたね。
私の中では詞が出来た段階で、もう今回のような歌い方でいこうと決めていました。

「奈落の花」というタイトルですが、この花はどのような花をイメージしましたか?

島みや
とても可憐で、とても可愛らしい花です。でも、その花は奈落で咲いているんですよ。
凄くドロドロした、ディープな世界で咲いてしまった、可憐な花なんです。

今回の歌詞ではその花に対して「抜け出して!」と、外側の世界から言葉を投げかけるような内容ですよね。

島みや
奈落の花J.jpgええ。その花は、咲いている場所を間違えているんですよ。その事に気付いていないんです。
イメージとしては、その奈落の底に向かって「そこじゃない!」とか、「気が付いて!」と、言葉を投げかけているイメージですね。

要するに、その花は運命に翻弄されていく人を指しているんです。
我々の社会でもそうじゃないですか。例えば借金であるとか、恋愛問題であるとか、仕事の問題とか、自分で決心しないとなかなか抜け出せない。抜け出せずにそこで種を残すことによって、また同じ場所で咲いてしまうんですよ。

だから「決心しようよ!」という事と、「自分一人だと思わないで、周りをみて!みんないるじゃない!」って言うメッセージを、投げかけているんです。いつまでもそこには咲いていられないわけですから。

サウンドの方も、前作は妖気漂う幽玄な世界観に強烈な印象がありましたが、本作では若干ですが明るい印象を受けました。

島みや
前回で特徴的だった部分は若干削ぎ落とされてはいるので、その分感情を主張しやすかったからかもしれませんね。
前回はコーラスも含めて謎めいていて、その妖しい部分をそのまま歌うようにしていましたが、今回は言いたい事がハッキリしていますからね。奈落の花に対して呼びかける私、という楽曲ですから。愛情を込めて叫んでいる、といったニュアンスです。

今回は尾崎武士さんのギター・アレンジも印象的ですね。

島みや
ええ。彼のギター・アレンジが入ってくることによって、この物語が現実味を帯びてきたというか……。より、テーマが浮き上がってきていますね。
特にサビの部分だと思いますが、生っぽさが際立った、ダイナミックなサウンド・アレンジにしてもらいました。

今回の楽曲に限らずですが、レコーディングに関するこだわりのようなものってありますか?

島みや
私って、どんな曲も一日でレコーディングしてしまうんです。メインもコーラスも含めて。
こだわりとは違うかもしれませんが、個人的にはぶっ続けで、2時間くらいで全て完了させたいんですよ。

時間を掛ければいいものが出来るというわけではない、ということでしょうか?

島みや
そうですね。降りてきたものを捕まえて歌うという感じに近いと思うので、時間を掛ければ良いというわけではないと思っています。I’veの場合は、クリエイターもそういうスタンスだと思いますよ。

「ひぐらしのなく頃に」の主題歌全てを担当されたという事で、今は割とダークな、偏ったイメージを抱いているファンの方もいらっしゃるかと思うのですが、今後はどのような楽曲を歌っていきたいと考えていますか?そして、今後の展望も聞かせてください。

島みや
次はもっと、可愛らしい曲も歌いたいかなー……なんて(笑)。
あとは、実写のドラマや映画の主題歌を担当してみたいですね。泣けるドラマの主題歌とか、歌ってみたいじゃないですか(笑)!
今後の展望としては、ライヴ・ツアーもまたやりたいです。本当に、ただの希望なんですが(笑)、そう言う新しいチャレンジを今後はもっとしてみたいなぁって、思っています。

I've official web site「LOW TRANCE ASSEMBLY」 /http://ive.mu/

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集