インドのディズニー系チャンネルで「天才バカボン」放映開始(8/9) | アニメ!アニメ!

インドのディズニー系チャンネルで「天才バカボン」放映開始(8/9)

ニュース 海外

 インドのアニメーション情報サイトAnimation Expressによると、インドの有力子供チャンネルであるHungamaTVは、8月6日から日本のギャクアニメ『天才バカボン』の放映を開始した。『天才バカボン』は、月曜日から金曜日まで平日の夕方6時から毎日放映される。

 『天才バカボン』はマンガ家赤塚不二夫さんの原作を映像化したもので、これまで度々アニメ化されている。日本では世代を超えて人気のある作品である。
 しかし、『ドラえもん』や『遊戯王』といった作品と異なり、国際的には比較的知名度の低い『天才バカボン』のインドでのレギュラー放映はやや驚きである。

 HungamaTVは2004年に設立されたインドの有力な子ども向けチャンネルである。英語でなくヒンディ語で放映するのが特徴となっている。同社は2006年の夏に、米国のウォルト・ディズニー・インターナショナルに3050万ドルで買収されている。
 現在はディズニーチャンネルが運営するディズニー系の放送局だが、日本のアニメ番組の放映が多い。放映番組のなかには、『天才バカボン』のほか『ドラえもん』や『クレヨンしんちゃん』、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、『遊戯王』などがある。

 ディズニーの子供向け番組放送は、ファミリー向けのエンターテイメントの印象が強い。しかし、ディズニーグループは、インドのHungamaTVのほかにも、2005年にはヨーロッパの子供向けチャンネルでアクション番組に強いJETIXの買収も行っている。
 近年のディズニーの子供向け番組放送のビジネス展開は、従来の枠組みを越えはじめている。

Animation Express /http://www.animationxpress.com/
  /Tensai Bakabon to tickle Hungama TV

Hungama TV  /http://www.hungamatv.com/

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集