CGアートの祭典 ASIAGRAPH 公募作品募集開始(8/5) | アニメ!アニメ!

CGアートの祭典 ASIAGRAPH 公募作品募集開始(8/5)

ニュース 学問/教育

 10月11日から14日まで、東京・秋葉原でJAPAN国際コンテンツフェスティバル(コ・フェスタ)の一環として開催されるASIAGRAPH in Tokyo2007が、CGアートギャラリーの公募作品の募集を開始した。
 ASIAGRAPH in Tokyo2007は、国内とアジア地域のCG分野の文化、研究、産業への貢献を目指して開催されるものである。これまでも横浜や愛知の愛・地球博などでイベント的に開催されてきたが、今回はコ・フェスタのオフシャルイベントのひとつとしてあらたに拡大したかたちで行われる。

 今回ASIAGRAPHが募集するのは、CG作家と作品の国を越えた交流を目指すCGアートギャラリーの公募展示部門である。この公募展示部門は、CGアートを中心とする「CGアートギャラリー」、動画(アニメーション)を中心とする「CGアニメーションシアター」、さらに25歳以下の学生を対象とするアニメーション部門、こどもCGコンテストなどの4部門に分かれる。
 作品は選考のうえASIAGRAPH in Tokyo2007の会場で展示される。また、ASIAGRAPHの独自の特徴として、「アジア独自のCG表現」を積極的に評価するとしている。作品は8月31日まで募集される。

 秋から開催される統合コンテンツイベントのコ・フェスタのなかには、アニメーションをテーマにするJAM2007やゲームをテーマにするCEDEC2007、DiGRA2007などのイベントもある。アニメ、ゲームとも表現手段としてCGに関係の深い分野だが、ASIAGRAPHはこれらよりCGの技術や表現に特化するようだ。
 むしろ、同じ技術を基盤としているにも関わらず重なりが少ないアニメーションとゲームをつなぐイベントと言えるかもしれない。また、アニメ、ゲーム、CGを全て包み込むコ・フェスタの意味がこうしたところに表れているとも言えるだろう。
応募の詳細は下記の公式サイトを確認ください。 

ASIAGRAPH in Tokyo2007  /http://www.asiagraph.jp/
JAPAN国際コンテンツフェスティバル(コ・フェスタ) /http://www.cofesta.jp/

ASIAGRAPH 2007 in Tokyo アジアグラフ2007東京
2007年10月11日~14日 (11日は招待者デー)
会場: 秋葉原UDX
内容:
国際シンポジウム/トーク&上映会/セミナー・ワークショップ/先端技術展示/クリエイティブファクトリー/CGアートギャラリー、CGアニメーションシアター/デジタルクリエイターズコンペティション・デジタルコンテンツグランプリ

デジタルクリエイターズコンペティション /http://www.dcaj.org/dcc/
デジタルコンテンツグランプリ  /http://www.dcaj.org/dcgp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集