DCAJ プロデューサー目指す学生インターシップ 参加者募集(7/25) | アニメ!アニメ!

DCAJ プロデューサー目指す学生インターシップ 参加者募集(7/25)

ニュース 学問/教育

 デジタルコンテンツ協会(DCAJ)は、アニメやゲームなどエンターテイメントコンテンツの分野で活躍するプロデューサーを目指す大学生・大学院生向けのインターシップ『コンテンツ産業におけるプロデューサー育成型インターンシップ』を開催する。
 このインターシップは、平成19年度の経済産業省「若者と中小企業のネットワーク構築事業」の一環としてデジタルコンテンツ協会が受託して行うもので、文京学院大学・短期大学が協力と後援をしている。また、事業のコーディネートは東京工科大学の三上浩司さんが行う。

 インターシップはコンテンツ業界でプロデューサーを目指す大学生・大学院を対象に、作品が製作されるビジネスの現場と仕事を紹介するものである。実際にアニメなどの業界で大きな実績のある関連企業が、インターシップを体験する場として参加するのが特徴である。
 昨年のインターシップ受け入れ企業には、アニメ制作を行なうGDHや白組、STUDIO4、プロダクション・アイジーなどからスタジオ・イースター、トーセ、プレミアムエージェンシーなどまで幅広い企業が参加している。

 今年のインターシップの期間は8月2日から11月10日のうちの10日間程度、プログラムは全て無料で提供される。募集人数は15名程度のため、希望者にとっては狭き門となる可能性もある。
 しかし、内側からコンテンツ企業の様子を観ることは、コンテンツのプロデューサーを目指す学生にとっては貴重な体験になるだろう。

 このインターシップ募集に先立って、デジタルコンテンツ協会は8月2日にインターシップの説明会とセミナー「コンテンツ業界の構造」を開催する。
 セミナーは電通のエンタテインメント事業局アニメ・キャラクター事業部の田中渉さんが行う。アニメビジネスの現場からの興味深い話題が展開しそうだ。この講演会は事前の申し込みでインターシップ参加者希望者以外でも聴講可能である。

デジタルコンテンツ協会 /http://www.dcaj.org/
   /プロデューサーを目指す学生のためのインターンシップ2007年度 参加者募集 

業界オリエンテーションとインターンシップの説明会
8月2日(木)13:00~17:30 
 業界セミナー 「コンテンツ業界の構造」
   講師 田中渉氏:株式会社電通 エンタテインメント事業局アニメ・キャラクター事業部
インターンシップ説明会と昨年度参加者の話
  ※インターンシップ参加希望者は全員ご参加ください
  インターンシップ参加希望者以外の学生もオブザーバーとして参加できます

申し込みは上記デジタルコンテンツ協会のサイトを参照ください。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集