カートゥーンネットワーク 米国で大人気の「ベン10」9月放映(7/17) | アニメ!アニメ!

カートゥーンネットワーク 米国で大人気の「ベン10」9月放映(7/17)

ニュース アニメ

 アニメーション専門チャンネルのカートゥーンネットワークは、アメリカのカートゥーンネットワークで大人気の米国アニメーション『ベン10(ベンテン)』の放映を開始する。スタートは9月13日、毎週月曜日から金曜日の12時から12時半の放映となり、リピート放送も行う予定である。
 『ベン10』は、米国カートゥーンネットーワーク・スタジオのオリジナル作品で、米国では6歳から11歳の男児、9歳から14歳の男児の双方で視聴率1位を獲得している。テレビは既に第3シリーズまで作られており、長編作品の放映も計画されている。

 また、制作のプロデューサーには『ハイ!ハイ!パフィー アミユミ』や『ティーン・タイタンズ』などの人気アニメーションを次々に送り出したことで知られるサム・レジスター氏が参加している。
 レジスター氏の関わる作品は、そのデザインやコンセプトに、しばしば日本アニメとの近縁性が指摘されることが多い。『ベン10』も日本アニメ的なデザインを取り入れている。

 しかしより興味深いのは、番組中に出てくる10種類のエイリアンに変身出来る腕時計をはじめ、番組と関連する商品の商業展開が活発な点である。この関連商品の売上が非常に好調なことから、ビジネス面からも大きく注目されている。
 アニメ作品だけでなく、ビジネスの仕組みにも日本アニメとの類似性が見られるわけである。

 日本ではどの程度の商品展開をするかは判らないが、米国で増えつつある新しいタイプのテレビアニメーションの代表作品として楽しめる。
 また、テレビを観ながら、なぜこの作品が米国の子ども達の心をそこまで捕らえるのかを考えてみるのも面白い。

カートゥーンネットワーク /http://www.cartoon.co.jp/
ベン10(ベンテン)公式サイト(英語) /http://www.cartoonnetwork.com/tv_shows/ben10/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集