AX2007 ハルヒブームで注目度No1のバンダイ・エンタテインメント | アニメ!アニメ!

AX2007 ハルヒブームで注目度No1のバンダイ・エンタテインメント

特集 そのほか

       ax2007 bei.jpg

 今回のアニメエキスポ2007で、主役企業の一番にバンダイ・エンタテインメント(BEI)を挙げる人は少なくないだろう。いまや米国のオタクの話題を席巻している『涼宮ハルヒの憂鬱』を発売しているからである。
 SOS団として訪米した平野綾さん、後藤邑子さん、茅原実里さんのパネルやコンサート、新DVDの発売、『ハルヒ』を巡るイベントは多く、BEIが話題になることはこれまでになく多かった。また、BEIのパネルやイベントは、どれもこれまでにない人出となっており大ヒット作品を持つ強みをみせつけていた。

 しかしBEIには、『涼宮ハルヒの憂鬱』以外にも見逃せない作品が多数ある。DVDの販売はマンガ・エンタテインメントが行うが、『攻殻機動隊 S.A.C Solid State Society』は同社がライセンスを管理する戦略タイトルである。ブースでも『ハルヒ』と並んで大きくアピールされていた。そして根強い人気がある『機動戦士ガンダム SEED』シリーズ。
 さらに上記の写真はブース内の展示された『交響詩篇エウレカセブン』の巨大フィギュアである。『エウレカセブン』も、BEIの有力作品のひとつである。
 『エウレカセブン』は有力アニメーションチャンネルのアダルト・スイムで放映されたこともあり、ロボットSFが難しいとされる米国市場でも一定の成果をあげることに成功した。

バンダイ・エンタテインメント /http://www.bandai-ent.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集