アニメエキスポ2007開催3日間で35000人突破 運営に混乱も(7/2) | アニメ!アニメ!

アニメエキスポ2007開催3日間で35000人突破 運営に混乱も(7/2)

ニュース 海外

 6月29日から米国カリフォルニ州ロサンゼルス市ロングビーチで開催されているアニメエキスポは、今年のイベントの総来場者数が3万5000人を突破したと発表した。
 今月20日から22日までボリチモア市で開催予定の全米第2位のコンベンションOTAKONは、昨年の来場者数が2万3000人である。本年のOTAKONがかなり入場者数を増やしても、今年も全米最大のコンベンションの地位をアニメエキスポ維持する可能性が高い。

 しかし、開催4日目は他の日に比べるとイベントの数がかなり少ない。このため延べ方式でなく、実数で来場者数を計算するアニメエキスポの入場者数が、昨年を上回るかどうかは微妙である。もし来場者数が昨年を下回れば、1993年の第2回以来14年ぶりになる。いずれにしろ来場者数の伸び率は、これまでよりも少なくなるだろう。
 アニメエキスポの来場者数の伸びは、米国における日本アニメ人気の高まりの象徴とされていただけに、米国のアニメ業界に対して、心理的な影響を与えそうだ。 

 その一方で今年のアニメエキスポ2007の大会運営には、様々な混乱もみられ巨大化したイベントの運営の難しさが見られた。特に今年のコンベンションの目玉となったS.K.I.N.のコンサートは開始が3時間、SOS団は1時間半遅れてのスタートとなった。
 また、開催3日目以降には、数多くのゲストイベントやプレス向けのインタビュー取材が中止されるなど、今後の開催に課題を残す結果となっている。

アニメエキスポ2007公式サイト /http://www.anime-expo.org/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集