山村浩二さん ロシアで講演会とワークショップ(6/8) | アニメ!アニメ!

山村浩二さん ロシアで講演会とワークショップ(6/8)

ニュース 海外

 アニメーション作家の山村浩二さんが、6月8日から12日までの間ロシアのモスクワ市で開催される第2回モスクワ国際オープン図書展においてワークショップと講演会を行う。
 第2回モスクワ国際オープン図書展は、本年の特別企画展として「ロシアにおける俳句の発見」を行っている。このなかで日本のアニメーション映画である『冬の日』が紹介される。

 『冬の日』は、様々な俳句をベースに川本喜八郎さんやユーリ・ノルシュテインさんら複数のアニメーション作家の短編アニメーションをまとめた連作アニメーションである。今回の特集のテーマ「俳句」と重なるだけでなく、大藤信郎賞受賞や第7回文化庁メディア芸術祭のアニメーション部門大賞を受賞するなど作品の評価も高い。
 山村浩二さんも同作品に参加したひとりで、杜国の俳句をもとに短編アニメーションを制作している。山村さんはその作品『頭山』で、2003年のアヌシー国際アニメーション映画祭でグランプリを取るなど世界的に名前を知られたアニメーション作家である。

 今回山村さんは、第2回モスクワ国際オープン図書展の期間中6月11日に子供のためのアニメーションワークショップを行い、6月12日には「俳句シンポジウム」と題されたイベントに参加する。同日には映画『冬の日』の上映会も行われる。
 さらに、13日にはモスクワ市内の映画館Fitilにおいて講演会と上映会が行われ、14日には映画スクールの視察なども予定されている。これらのイベントは日本の国際交流基金がサポートしている。
 日本のアニメーション、特にアート系のアニメーションが、公式に紹介される機会はすくないため、今回は日本のアートアニーションにとって貴重なイベントと言える。

第2回モスクワ国際オープン図書展 公式サイト /http://www.moscowbookfest.ru/program/
YamuraAnimation (山村浩二公式サイト) /http://www.yamamura-animation.jp/

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集