米国公開中「パプリカ」好調な出足(6/4) | アニメ!アニメ!

米国公開中「パプリカ」好調な出足(6/4)

ニュース 映画/ドラマ

 5月25日からニューヨーク地区で、6月1日からはロサンゼルス地区で劇場公開の始まった今敏監督の『パプリカ』が好評である。
 公開直後の劇場数少ない中ながら、各館への観客動員は堅調で、公開に伴ったメディアのレビューも評価の高いものが多い。

 公開第一週目の劇場数はニューヨーク地区での2館のみの公開であったが、一館あたりの平均の週末興収は17796ドルと大ヒット映画並みの高いレベルとなっている。また、6月1日からはロサンゼルス地区の劇場公開も加わり、劇場数は8館に拡大した。
 2週間の劇場興収の合計は117000ドルとなり、これは今敏監督の作品としては2003年公開の『千年女優』や1999年公開の『パーフェクトブルー』を既に上回っている。また、『東京ゴッドファザーズ』の129560ドルを超えるのはほぼ確実とみられる。

 映画批評でもニューヨークタイムズに『Anime Dreams, Transformed Into Nightmares』と題した記事が大きく掲載されたのを初め、ビレッジボイス、ロサンゼルスタイムス、ワイアード ニュース、など大手メディアでも好意的に取り上げられている。
 また、映画批評で格付けをしているものでは、ボストンヘラルドのA評価、ザ・フォニックスの星3つ半(満点4つ星)などがあった。
 
 『パプリカ』の米国での劇場公開は、80館以上予定とされている。ニューヨークやロサンゼルスで先行公開をして、作品の評価が高まるのを見ながら上映館数を増やして行く方針とみられる。作品の堅調な出足とメディアなどでの高い評判は、今後の劇場拡大によい影響を与えそうだ。
 05年に同じソニーピクチャーズ系で公開された『スチームボーイ』(大友克洋監督)の468867ドルや02年公開の『メトロポリス』(りんたろう監督)の722932ドル、04年ドリームワークス系公開の『イノセンス』(押井守監督)の1043896ドルなどが、当面の興収目標となりそうだ。
 
『パプリカ』公式サイト /http://www.sonyclassics.com/paprika/

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集