第6回アニマックス大賞 応募作品募集 締め切り迫る! (5/16) | アニメ!アニメ!

第6回アニマックス大賞 応募作品募集 締め切り迫る! (5/16)

ニュース アワード/コンテスト

第6回アニマックス大賞 応募作品募集 締め切り迫る! (5/15)

 CSのアニメ専門チャンネルのアニマックスが毎年開催しているアニメのシナリオコンテスト、アニマックス大賞の締め切りが5/31に迫っている。

 このコンテストはアニメ界の人材発掘を目的としており、大賞受賞者は東映アニメーション、サンライズなどが実際にアニメ化し、放送をするのが特徴である。応募についてはプロ・アマチュアの経験は一切関係なく審査される。
 大賞賞金は200万円で、受賞作品はアニプレックスグループで『おおきく振りかぶって』を制作するA-1ピクチャーズが制作し、2008年にアニマックスで放送される予定である。

 今回の特別審査委員には、作家の夢枕獏さん、漫画家の荒木飛呂彦さんが参加する。夢枕さんは「餓狼伝」「陰陽師」などの作品が人気で、漫画化された作品も数多く持つ。荒木さんは『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズを20年以上連載しているだけでなく、独特の世界観に魅せられた熱狂的なファンが多いのも特徴である。

 今回のテーマは「わたしがアニメにしたいストーリー」で、シナリオに限らず、小説やコミックスでの募集も行われる。
 公募対象地域は日本だけでなく韓国・香港・フィリピン・台湾・タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア・インドのアジア10ヶ国・地域に広がり、放送地域もアジア27ヶ国地域が予定されている。応募規定ではアニメ化される際、30分~40分の長さであることを想定している。(詳しい応募要項については下記の公式サイトをご覧ください)

 本コンテストは2002年から開催され、応募数も年々増加して好評を博している。第2回のコンテストで大賞を受賞した川邊優子さんは『Ergo Proxy』やドラマ『アキハバラ@DEEP』などの作品でシナリオライターを務めるなどの活躍を見せている。
 昨年の大賞には月野あかりさんの『ゆめだまや奇談』が選ばれた。この作品は現在プロダクションI.Gによって制作中で、11月に放送される予定である。

アニマツクス大賞 /http://www.animax.co.jp/award07/index.html

第6回アニマックス大賞 
募集テーマ「わたしがアニメにしたいストーリー」


■未発表のオリジナル作品に限る
アニメ化される際、30分~40分の長さとなる
シナリオ、小説、コミック
シナリオ:200字詰原稿用紙80枚程度、テキストファイルの場合20字x800行程度
小説: 400字詰原稿用紙40枚程度、テキストファイルの場合20字x800行程度
コミック:B4サイズ40ページ程度、デジタル原稿(PDFまたはイラストレータ)での応募可
■応募資格 : 年齢、プロ、アマ一切を問いません。
■応募締切 : 2007年 5月31日(木)必着
■詳しくは、animax.co.jpをご確認ください。

    /AniTaishoban.JPG
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集