「Genius Party」My Space上で映像コンテスト(5/11) | アニメ!アニメ!

「Genius Party」My Space上で映像コンテスト(5/11)

ニュース 話題

 この夏公開のSTUDIO 4の映画『Genius Party <ジーニアス・パーティ>』と連動した一般参加型の映像コンテスト「NextGenius」が、5月10日よりソーシャル・ネットワーキング・サービス「マイスペースジャパン」内で開催されている。

 「My Space」は会員数1億アカウントを誇る英語圏で最も人気のあるSNSサービスで、音楽や映像などのメディアをアップロードすることに優れているため人気が高い。
 海外のアーティストが自分の作品をアップロードしている例も非常に多い。公式ウェブサイトと同様にMy Spaceのアカウントはプロモーションに必須のツールであるとまでいわれている。
 「マイスペースジャパン」はソフトバンクが米News Corporationと提携し、昨年11月より日本での運営を開始した。現在、バージョンはβ版となっている。

 今回のキャンペーンは「マイスペースジャパン」内で開始する動画アップロードのサービスを利用して開催される、初めての一般参加型映像コンテストである。アップロードにはマイスペースへの登録が必要である。(招待不要・無料)

 アップロードする開催期間は2007年5月10日(木)~2007年6月30日(土)とされており、選考結果は7月7日の劇場公開に合わせて発表される。選考はGenius Party に参加した7人の監督が行う。
 今回のコンテストの受賞作品は、『Genius Party』公式WEBサイト・プレスリリースで紹介されるほか、各種イベントでも紹介・上映される。またDVD発売時には本編のボーナストラックとして収録されることが決定している。

 応募作品について、実写、2D・3Dアニメーションなど表現方法を問わないが、著作権が処理されているものに限られる。アップロード可能なサイズは、100Mまでとなっている。
 応募資格に、年齢や国籍、企業・グループ・個人、プロ・アマ・作品などは問われない。英語圏最大のSNSということもあり、英語圏から高いクオリティの作品も応募される可能性も高い。(詳しい参加要項は公式サイトをご覧ください)

 『Genius Party』は渡辺信一郎監督、河森正治監督、湯浅政明監督ら7人の監督によるそれぞれ10~15分ほどのオムニバスアニメ映画で、全てがオリジナル作品である意欲作である。STUDIO 4らしいカッティングエッジな作風から現代劇のラブストーリーまで、それぞれ「天才」クリエイターによる競演が注目の作品である。
 作品はは7月7日から、シネ・リーブル池袋、渋谷シネ・アミューズ他全国順次劇場公開される。
【日詰明嘉】

Genius Party 公式サイト /http://www.genius-party.jp/

My Space内 Genius Party  /http://www.myspace.com/geniusparty
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集