JETRO 北米市場目指す日本人監督の映画作品募集(4/24) | アニメ!アニメ!

JETRO 北米市場目指す日本人監督の映画作品募集(4/24)

ニュース 行政

 日本貿易振興機構は、今年11月3日に米国カリフォルニア州サンタモニカで開催される「The 3rd Show Biz Japan! Sneak Peek —Film Screenings from Next-Generation Japanese Filmmakers—」で上映を行なう日本の若手監督の映像作品を募集している。
 The 3rd Show Biz Japan!は、ジエトロ・ロサンゼルス・センターが主催する日本の若手監督とその作品を北米マーケットに紹介し、進出を助けるものである。今年で3回目を迎えるが、ホラーやアニメを初めとする日本の映像コンテンツの活躍もあり、現地の注目も増しつつある。

 現在、ビジネスチャンスを狙いながら自主制作を続ける若い日本人のクリエイターも増えている。しかし、ジェトロによれば才能があり作品はあるけれど、資金や人材などの問題で上映する機会がないため 埋もれている映画制作の人材は少なくないという。
 Show Biz Japan!では、こうした映像作品を上映する機会を設け、若手監督の北米映画界進出を支援することを目指している。

 応募資格は、北米映画界に進出するために自身の作品を宣伝し、人脈を広げる意欲のある北米または日本在住の日本人監督の作品であること。舞台挨拶やネットワーキングのため、映画監督自身が上映会当日に来場できることとなっている。
 また、作品は30分以下の短編映画作品か45分以上の長編作品で、英語か英語の字幕がついていることが必要である。
 応募の締め切りは07年8月15日必着、日本と米国の専門家による選考により上映される。また、上映会場のサンタモニカ市はハリウッドに程近く、米国エンタテイメント産業の真中に位置する。

応募の詳細は日本貿易振興機構のサイトを確認ください。
/日本貿易振興機構 
/The 3rd Show Biz Japan! Sneak Peekにおける日本人監督による映像作品募集のお知らせ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集