TOKYO MXで 東京国際アニメフェア特別番組GWに(4/20) | アニメ!アニメ!

TOKYO MXで 東京国際アニメフェア特別番組GWに(4/20)

ニュース イベント

 東京地区の地方放送局であるTOKYO MXは、5月3日と4日の2日間のゴールデンアワーに、東京国際アニメフェア(TAF)を取り上げた特別番組「Tokyo International Anime Fair 2007~ANIME~」を放映する。
 番組は3日が19時半から21時まで、4日は19時半から20時45分までと、両日とも1時間を越える大型番組である。

 番組の内容は、3月22日から25日まで東京ビッグサイトで開催されたアニメの大型イベント東京国際アニメファア2007を幅広く取り上げたものである。
 TAF2007の全体紹介が行なわれるほか、2006年の人気アニメやクリエイターが登場した東京アニメアワードの授賞式や、同じく公募部門の受賞全作品上映が中心となる。
 東京アニメアワードの公募部門の受賞作品は、応募段階で複数のアニメーション映画祭での上映やメディアでの公開を約束されている。今回のMXテレビでの作品放映もこうしたプログラムのなかのひとつとなっている。

 また、TOKYO MXテレビはTAFの実行委員でもあり、東京都が力を入れるTAFの広報活動に積極的に活動している。U局でありながら視聴可能世帯の数の多さで、近年はアニメ放送の媒体としても急速に存在感を増している。最近ではアニメに強い放送局として、ファンの間でも注目を浴びている。
 この3月には発表された同局の春の番組改編の方針では、5つの改編ポイントのひとつとしてアニメの強化を打ち出している。春からは新アニメ枠の増設も含めて9つの新作品をスタートしている。
 このなかには『英國戀物語エマ 第二幕』、『ぼくらの』、『大江戸ロケット』、『あまえないでよっ!!喝!!』、『グラビテーション Boys Love』、『天保異聞 妖奇士』、『ディズニータイム 新くまのプーさん』、『ウエルベールの物語』、『The World of GOLDEN EGGS」が含まれている。

TOKYO MX  /http://www.mxtv.co.jp/
東京国際アニメフェア2007  /http://www.tokyoanime.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集