【TAF2007】マッドハウス新作大量発表「茄子2」「ハイランダー」他(1) | アニメ!アニメ!

【TAF2007】マッドハウス新作大量発表「茄子2」「ハイランダー」他(1)

ニュース イベント

 マッドハウスのブースでは2006年の作品をモニターで流し、新作のポスターをパネル展示していた。これだけ書くとよくある展示ブースに思えるかもしれないが、その量がものすごいのである。
 本数ついてはおそらくTAF出展企業の中で最も多かったのではないだろうか。

          mad1.jpg

 まずは春の新作について追っていく。本来ならばポスターの一枚一枚を掲載したいのだが、著作権の関係で、画像についてはそれぞれの公式ページを参照して頂きたい。

 『CLAYMORE』原作は八木教広さんの作品で、妖魔がはびこる世界で半人半妖の銀の眼を持つ女戦士クレアが大剣を手に討伐の旅を続けるというストーリー。
 「月刊少年ジャンプ」に連載していた。今後は「週刊少年ジャンプ」に月に一度のペースで掲載される。本作は『カードキャプターさくら』などの演出を手がけた田中洋之さんが初監督の作品である。シリーズ構成は『仮面ライダー電王』が好評の小林靖子さん、美術はファンに人気が高い草薙が担当する。
 「地上波深夜枠、ギリギリの表現に挑む」とパネルにあることから原作の描写を損なうことなく映像化されることが期待できる。日本テレビ系で火曜深夜の放送となる。

/http://www.j-claymore.com/
/http://www.ntv.co.jp/claymore/index.html

 『大江戸ロケット』は「劇団☆新感線」中嶋かずきさんによる同名舞台を原作とした作品。
 江戸時代を舞台に、粋でいなせな江戸っ子たちが月まで届く巨大花火(ロケット)を打ち上げるという、SF時代劇コメディである。監督を水島精二さん、シリーズ構成を會川昇さんと、『鋼の錬金術師』のコンビが、どう展開していくのかも注目だ。
 主題歌はピエール瀧さん作詞で「Puffy」が歌う『お江戸流れ星IV』。 東京MXテレビほかUHF各局での放送となる。

/http://www.ohedorocket.jp/

 『怪物王女』は光永康則さんが講談社の「月刊少年シリウス」で連載している作品のアニメ化である。本作は同誌では初のアニメ化作品となる。
 不慮の事故から蘇った少年は怪物の少女の血を受け、「血の戦士」として王女に仕える。怪物達の戦いからやがて話は王位継承へと広がっていく。
 監督を務めるのは『Strawberry Panic』監督ほか、美少女系作品で数多くの演出を手がけた迫井政行さん。原作の「姫」はゴシック・ボンテージ調、またメイドの「紗和々」などのキャラクターをどのように描いていくかにも注目だ。

/http://www.tbs.co.jp/anime/kaibutsu/

          mad2.jpg

 『電脳コイル』は原作・脚本・監督を人気アニメーター磯光雄さんが手がけるオリジナル企画。詳細は下記の記事を参考に。放送は5月12日から。

/http://animeanime.jp/news/archives/2007/03/taf2007.html
/http://www.tokuma.jp/coil/index.html

 『Devil May Cry』はカプコンのゲームソフトを待望のアニメ化。
 WOWOWスクランブルでの放送ということで、原作通りのカッティングエッジな描写が期待できる。監督は『BLACK CAT』の監督で、絵コンテを同時に多数手がけた板垣伸さん。
 シリーズ構成にはベテランの井上敏樹さんほか、ゲーム版の脚本家の森橋ビンゴさんも参加する。放送は6月14日から。

/http://www.wowow.co.jp/anime/dmc/
/http://dmc-tv.com/

6 『シグルイ』南條範夫さんの原作を元に『覚悟のススメ』の山口貴由さんがマンガ化したものがベースとなっている。
 監督は『TEXHNOLYZE』の浜崎博嗣さんが務める。WOWOWスクランブルにて7月放送予定で、R15指定作品である。詳しくは下記の記事を参考に。
(日詰明嘉)

/http://animeanime.jp/news/archives/2007/03/wowow322.html
/http://www.wowow.co.jp/anime/shigurui/

マッドハウス /http://www.madhouse.co.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集