映像テクノアカデミア 映像祭2007受賞作品発表(4/2) | アニメ!アニメ!

映像テクノアカデミア 映像祭2007受賞作品発表(4/2)

ニュース アワード/コンテスト

 映像テクノアカデミアが主催するコンテスト「映像祭2007」の各受賞作品が3月29日に同サイトで発表された。映像テクノアカデミアは、東北新社が創立35周年記念事業として1995年に設立したものである。

 3月17日に最終ノミネート作品の公開審査会が行われており、今回はその発表となっている。映像部門優秀賞にはCG-ARTS協会が主催する第12回学生CGコンテスト動画部門優秀賞等も受賞した小柳祐介氏の『PIECE』、審査員賞の桧山巽賞には望月由紀氏の『ちょっと動きのある風刺画』が選ばれた。『ちょっと動きのある風刺画』は、デジタルスケープが主催するBroadStar Award2007で大阪市長賞を受賞している。
 中島信也賞にはKEPPEK密造filmsの『キュウリの世界』が受賞している。こちらの作品も第5回インディーズアニメフェスタにもノミネートされていた。
(真狩)

《映像祭2007受賞作品一覧》

最優秀賞
Paper Play  山口翔

CM部門優秀賞
日刊スポーツ「目撃者」篇  秋山チーム

映像部門優秀賞
PIECE  小柳祐介

審査員賞
白土謙二賞
KOTATU  五十嵐拓

黒田秀樹賞
POSE  松井富士

桧山巽賞
ちょっと動きのある風刺画  望月由紀

中島信也賞
キュウリの世界  KEPPEK密造films

審査員特別賞
Utopia  佐藤宏美
スコール  帯刀早知子

映像テクノアカデミア  /http://www.vta.tfc.co.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集