東映アニメBBプレミア 電子書籍の取り扱い開始(3/31) | アニメ!アニメ!

東映アニメBBプレミア 電子書籍の取り扱い開始(3/31)

ニュース 話題

 東映アニメーションは、電子書籍サイト国内最大手のeBookJapanを運営するイーブック イニシアティブ ジャパンと電子書籍の販売で提携を行なう。具体的には現在東映アニメーションが運営するアニメ動画配信サイトの東映アニメBBプレミアを通じて、イーブック イニシアティブ ジャパンの提供する電子書籍の販売を行なう。
 販売は3月30日から開始されており、1話42円(税込)から、もしくは1冊210円(税込)からの提供を行っている。
 
 東映アニメーションのアニメ作品には『銀河鉄道999』や『北斗の拳』、『スラムダンク』など、マンガを原作とするものも多い。イーブック イニシアティブ ジャパンの運営するeBookJapanは、マンガタイトル数の取り扱い国内最大で、こうした作品の原作マンガをほとんど提供出来る。
 このため東映アニメBBプレミアは、自サイトでアニメを観たユーザーをさらに電子マンガの購買に誘導することで利益を最大化することが可能になる。
 また、eBookJapanはマンガとの親和性の高いユーザーの多いアニメ動画配信サイトからのユーザー拡大を期待できる。こうしたことから両社は、今後もアニメと漫画を連動させた特集を展開し、作品の魅力をユーザーに伝えるキャンペーンを予定している。

 東映アニメBBプレミアは、昨年8月にそれまでの東映アニメBBを一新して誕生した。国内最大のアニメ作品のライブラリーを誇る同社の主要コンテンツを、いつでも視聴出来ることが魅力となっている。
 プレミア開始後にユーザーを着々と増やしており、バンダイチャンネルと並ぶアニメ番組供給の有力プレイヤーとなっている。
 今回はアニメだけでなく電子マンガを扱うことで、サイト内のコンテンツのバリエーションを拡大する。また、そうすることによって他のアニメ動画配信サイトとの差別化も可能になるだろう。

東映アニメBBプレミア /http://www.anime-bb.com/
イーブック イニシアティブ ジャパン /http://www.ebookjapan.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集