グローバルとマルチをテーマ 本年秋 Con Fes開催(3/22) | アニメ!アニメ!

グローバルとマルチをテーマ 本年秋 Con Fes開催(3/22)

ニュース イベント

 3月22日から東京ビッグサイトで開催されている東京国際アニメフェア2007の会場で、経済産業者や映画、音楽、アニメ、ゲーム、テレビなど日本代表するコンテンツ関連団体が今年秋に「JAPAN国際コンテンツフェスティバル」を開催すると発表した。

 これはこれまで経済産業省などが中心になって進めてきた日本発の大型コンテンツショウ「国際コンテンツカーニバル」とされていたものである。今回の開催発表の記者会見には経済産業省のほか、社団法人日本レコード協会、財団法人日本映像国際振興協会、日本放送協会、日本民間放送連盟、日本動画協会、コンピューターエンターテインメント協会といった日本を代表するコンテンツ関連団体の代表が並んだ。
 今回正式に発表されたイベントのタイトルは「JAPAN 国際コンテンツフェスティバル」通称「Con Fes」である。イベントのテーマはグローバル&マルチで、日本の様々なコンテンツをまとめて紹介する。コンテンツを横断的に紹介するこうした大規模なショウは、国際的にみても稀であり、日本発のビッグイベントとして大きな期待が持たれそうだ。

     content.JPG

 イベントはこれまで個別に開催されてきたコンテンツ関連の大型ショウをCon Fesの名前のもとで統合し、本年9月19日から10月28日まで断続的に紹介する。今回は一ヶ月以上にわたるが、将来的には16日程度の期間で集中開催したいとしている。
 既に開催が決まっているイベントは10以上に及び、これまで言及されてきた東京ゲームショウや東京国際映画祭に加えて、DiGRA2007、CEDEC、TAM東京アジアミュージックマーケット・カンファレンス、TIFFCOM、NHK日本賞、ATPテレビグランプリ、秋葉原エンタまつり2007、ASIAGRAPH、TCM東京コンテンツマーケット、国際コンテンツ人材交流・育成セミナー、ジャパン・ロケーション・インフォメーションが決定している。
 
 また、コンテンツ産業の核のひとつであるアニメについては、東京国際アニメフェアが春に開催されるため統合されないとした。
 このた日本動画協会の松谷孝征理事長は、10月中旬に日本のアニメ企業や作品を紹介する新しいアニメイベントを開催すると述べた。このイベントは現在は内容が未定だが東京国際アニメフェアとは別の切り口となる予定である。

  content2.JPG   content3.JPG

当サイトのTAF2007特集はこちら
/2007[1].png
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集