新潮社 ネット配信マンガ雑誌『com2』を創刊(3/21) | アニメ!アニメ!

新潮社 ネット配信マンガ雑誌『com2』を創刊(3/21)

ニュース マンガ

 新潮社は3月23日、PCと携帯電話向けにネット配信のマンガ雑誌『com2』を創刊する。同社のマンガ雑誌は、2001年5月に創刊した『コミックバンチ』に次いで2誌目である。
 「バンチ」の作品には電子書籍化しているものもすでにあるが、雑誌全てをネット配信するのは今回が初となる。創刊号のページ数は約200ページ、毎月第1金曜日更新を予定している。

 同誌では小説原作のマンガを主軸としたラインナップにしており、新人作家の積極的な登用を考えているという。創刊号には、黒武洋さん原作・近藤崇さん作画の『パンドラの火花』や、吉野万理子さん原作・上田俊衣さん作画の『雨のち晴れ、ところにより虹』を発表する。
 両作品は『六三四の剣』の村上もとかさんが監修する。また、創刊時には現在明らかになっていないサプライズの作品もあるという。

 ネット配信されているマンガ雑誌は、双葉社の「COMIC SEED!」やフレックスコミックスの「FlexComix ブラッド」やフリーペーパーマンガ雑誌として創刊されたデジマの「コミックガンボ」のネット版などがある。これらの講読は全て無料となっている。
 一方で『com2』は「まとめ売り」を350円、連載作品各話ごとの「バラ売り」は1話あたり80円となる。配信はPC向けが「eBookJapan」、携帯電話向けが「eBookJapanコミック」、NTTソルマーレの「コミックシーモア」「コミックi」、ビットウェイの「Handyコミック」の3社が行う。ダウンロードしたデータは複製やプリントアウトができない仕組みになっているという。

 新潮社ではダウンロード数を月間3万件と想定しており、2年後には月間10万件を目指す。PC版は海外からの購入も可能で、韓国語版と中国語版を早期に提供し、北米を中心とした英語版も2007年度内に提供を開始するとしている。
 同誌は、最新号以外もバックナンバーとしてアーカイブ化する。「読者が読み始めたその時が創刊とも言える」と同誌編集長の鳥飼拓志は語る。また、連載作品の単行本化も進めていくとしている。

/新潮社 
/eBookJapan
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集