トムとジェリー30年ぶりの新作 カートゥーンネットワーク放映(3/17)

ニュース アニメ

 「トムとジェリー」は、猫とねずみのキャラクターによる終わることのない追っかけこのアニメーション作品としてよく知られている。誰でも一度は、テレビ番組やキャラクターを観たことがあるだろう。
 作品は長い間世代を超えて愛されてきたが、実はこれまでどの世代も観ているのは同じ作品だったといのは知られていない。作品は短編映画として制作されたが、MGMが最後に新作を作ったのは1967年である。それ以後新作短編は作られず、30年以上にわたって同じ作品がテレビ用に再編集され絶えず放送されてきたのである。

 ところが2006年に短編作品としては実におよそ30年ぶりに、この完全新作の『トムとジェリー テイルズ』が制作された。
 新シリーズの制作にはオリジナル作品の産みの親である故ジョセフ・バーベラ氏がエクゼクティブ・プロデューサーとして参加しており、旧作ファンの期待を裏切らないレベルとなったという。既にテレビ放映をされたアメリカとイギリスでは、高い評判を獲得している。

 この新シリーズがこの6月に日本でも放映されることが決まった。放映するのはアメリカの傑作カートゥーンを数多く放映する人気アニメーション専門チャンネル カートゥーン ネットワークである。
 放映開始は6月2日土曜日の18時半から19時までの30分、さらにリピート放送が同じ土曜日の3時半から4時と週2回放映される。

 『トムとジェリー テイルズ』は30分1話3エピソードで構成される全13話になる。しかし、海外ではすでにセカンドシーズンの制作も噂されている。今回の作品はあらたな『トムとジェリー』のロングシリーズの最初のシリーズとなる可能性もあり見逃せない。
 また、カートゥーンネットワークは今回の放映開始を記念して、6月2日に『トムとジェリー魔法の指輪』と6月9日に『トムとジェリーの大冒険』の2つの長編シリーズの放映も行なう。

/カートゥーン ネットワーク 
/トムとジェリー テイルズ米国公式サイト

「トムとジェリー テイルズ」
2007年6月2日土曜日18時半~19時/3時半~4時
カートゥーン ネットワーク

《animeanime》

特集