東京アニメアワード 大賞は『時をかける少女』 6部門受賞(3/17)

ニュース アワード/コンテスト

 東京国際アニメフェア実行委員会の3月16日の発表によると、第6回東京アニメアワードの大賞にあたるアニメーション オブ ザ イヤーに細田守監督の『時をかける少女』が決定した。
 『時をかける少女』は、このほか個人部門で監督賞の細田守氏、原作賞の筒井康隆氏(筒井氏は『パプリカ』も原作)、脚本賞の奥寺佐渡子氏、美術賞の山本二三氏、キャラクターデザイン賞の貞本義行氏が選ばれている。東京アニメアワードの6部門で、受賞したことになる。

 昨年以来『時をかける少女』は、これまで主な映画賞だけでも「毎日映画コンクールアニメーション映画賞」、「アニメーション神戸 作品賞・劇場部門」、「日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞」「文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞」といったアニメーション関係の主要な賞をほとんど独占している。
 今回、アニメ産業が自ら選ぶ東京アニメアワードでアニメーション オブ ザ イヤーを受賞したことから、またタイトルを積み重ねた。
 これまで『機動戦士ガンダムSEED』『ハウルの動く城』などがこの賞を受賞している。また、昨年のアニメーション オブ ザ イヤーは『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』だった。
 非商業作品に与えられる公募部門のグランプリはHowie shiaさんの『Flutter』であった。

当サイトの関連記事 
/東京アニメアワード各賞決定 ハルヒ コードギアスなど
/東京アニメアワード公募部門受賞作品 
*3月16日の記事ではアニメーション オブ ザ イヤーとグランプリは授賞式当日発表としましたが、3月16日付の東京国際アニメフェア実行委員会のプレスリリースにより両受賞作品の公表が行なわれました。

/東京国際アニメフェア2007
   /東京アニメアワード 

/2007[1].png
《animeanime》

特集