名探偵コナン劇場第11作 4月21日東宝系公開決定(2/15) | アニメ!アニメ!

名探偵コナン劇場第11作 4月21日東宝系公開決定(2/15)

ニュース アニメ

 人気アニメ『名探偵コナン』の劇場アニメ第11作『名探偵コナン 紺碧の棺(ジェリーロジャー)』の劇場公開日が、本年4月21日なると正式発表された。
 名探偵コナンの劇場アニメシリーズは、子供たちを主要ターゲットに毎年ゴールデンウィーク期間中に公開されている。今年もゴールデンウィークが始まるちょうど1週間前にあたる4月21日が公開日となった。

 今回の物語は、太平洋の孤島「神海島」を舞台にした財宝探しと島で起きた殺人事件を中心に展開する。監督は今回で劇場版コナン4作目となる山本泰一郎氏、脚本は柏原寛司氏、音楽は大野克夫氏である。
 作品は小学館と読売テレビ、日本テレビ放送網、小学館プロダクション、東宝、トムス・エンタテインメントとの共同製作となる。また、アニメ制作は東京ムービーが行なう。

 『名探偵コナン』の劇場アニメはコミツクやテレビアニメの高い人気もあり、過去に大きな成果を挙げている。今年で劇場映画第1作公開から11年になるが、その人気は相変わらず高い。昨年劇場アニメ第10作、10周年となった『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌』の興収は30億円を越え、シリーズ歴代3番目の実績となった。
 作品は今年からアニメーション部門を設けた2007(第30回)日本アカデミー賞の優秀アニメーション作品賞も受賞している。

 また、池袋HUMAXでは、公開日前日に特別イベントとして「名探偵コナン シークレットナイトVIIin 池袋HUMAXシネマズ4」を開催する。
 こちらは深夜上映なので18歳未満は入場出来なくなっている。子供たちの目を気にせずに映画を鑑賞したい大人のファンには最適でないだろうか。

/名探偵コナン 紺碧の棺(ジェリーロジャー)公式サイト
   /名探偵コナン シークレットナイトVIIin 池袋HUMAXシネマズ4
  
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集