ニューヨークで大型アニメイベント開催 12月にリード主催(2/13) | アニメ!アニメ!

ニューヨークで大型アニメイベント開催 12月にリード主催(2/13)

ニュース 海外

 米国の大手コンベンションオーガナイザーであるリードは、今年12月に日本のアニメ・マンガに特化した新しいファンコンベンションをニューヨークのマンハッタンで開催すると発表した。
 ニューヨークアニメフェスティバル(The New York Anime Festival)と名付けられたこのコンベンションは、12月7日から9日の3日間ニューヨーク市・マンハッタンのジャビットセンターで開催される。主催者によればコンベンションはアニメやマンガを始めとする日本及びアジアカルチャーがテーマとなる。
 
 主催者のリードは世界的な国際見本市運営会社で、日本国内でも東京国際ブックフェアなどを主催する国内最大手企業である。ブックショー関連に強みがあることから、昨年からコミックやマンガを中心としたポップカルチャーイベントのニューヨークコミコンを同じジャビットセンターで開催している。
 今回新たに日本コンテンツに絞ったコンベンションを打ち出したのは、昨年のニューヨークコミコンの成功に触発されたと考えられる。また、全米各地で日本アニメのコンベンションの成長が続いていることも理由に挙げられるだろう。

 一方で、ニューヨークは全米最大の都市であるが、これまで定期的に開催されるアニメコンベンションはなかった。ほかの大都市では全米2位のロサンゼルス市近郊ではアニメエキスポをはじめ複数のアニメコンベンションが存在し、シカゴやサンフランスコといった大都市にもアニメコンベンションが存在する。
 ニューヨークでは2001年から2003年まで、大型アニメコンベンションとしてビッグアップルアニメフェスティバルが開催されていた。しかし、2004年は大統領選挙と重なり会場の確保が困難の理由から開催が中止され、その後も再開されず現在に至っている。
 このためコンベンションをビジネスと考えるとニューヨークは空白地域であった。今回のニューヨークアニメフェスティバルは、ニューヨーク市で開催する4年ぶりの大型コンベンションになる。

 また、現在コンベンションのスポンサーには、NYコミコンのほかアニメ流通会社のADVフィルムや情報会社のICv2、アニメインサイダー、アニメニューズネットワーク、書籍物流のダイヤモンドグループなどの名前が並んでいる。

/ニューヨークアニメフェスティバル(The New York Anime Festival)公式サイト
/リード エクジビジョン ジャパン 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集